ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県気候変動適応センター 岡山県における気候変動の影響と適応への取組(水環境・水資源)

岡山県における気候変動の影響と適応への取組(水環境・水資源)

印刷用ページを表示する2022年4月1日更新/気候変動適応センター

※注意事項

 ここでは取組例の概要を掲載しています。詳細については、新エネルギー・温暖化対策室が作成した「岡山県における気候変動の影響と適応への取組 [PDFファイル/908KB]」を御覧ください。

 問い合わせ先については、ページ下部の「関連リンク」を御覧ください。

水環境

気候変動影響の現状

 全国の公共用水域(河川・湖沼・海域)で水温の上昇傾向があります。また、水温の上昇に伴う水質の変化が指摘されています。

影響の将来予測

 湖沼・ダム湖では、水温の上昇に伴う水質の悪化が予測されています。

児島湖

(上空から見た児島湖)

適応に係る取組

 公共用水域の水質を常時監視しています。

 公共用水域及び地下水の常時監視(環境管理課)

 ダム貯水池においては、水質に関する調査を行っており、水質変化現象が懸念される場合には、ばっ気装置等による水質保全(アオコ、淡水赤潮、カビ臭等の発生の抑制)を図っています。

きれいなダム湖

(画像出典 気候変動適応情報プラットフォーム)

 また、下水道、集落排水処理施設、合併浄化槽の整備や下水道への接続を促進し、生活排水対策を進めています。

水資源

気候変動影響の現状

 日本全国で見れば、大雨が発生する一方で、年間の降水の日数は減少しており、毎年のように取水が制限される渇水が生じています。

 また、気候変動の影響によるものか不明ですが、岡山県では平成6年及び平成 14 年に渇水が生じ、取水制限が実施されたことがあります。

 水のはなし(河川課)

影響の将来予測

 雨が降らない日の増加や、積雪量の減少による渇水の増加が予測されています。

適応に係る取組

 日頃からの節水についてホームページを通じた普及啓発を実施しています。

 節水にご協力をお願いします。(生活衛生課)

関連リンク

気候変動の影響への適応全般に関すること 気候変動の影響への適応(新エネルギー・温暖化対策室)

水質の環境保全対策に関すること 環境管理課

河川の管理、ダムに関すること 河川課

流域及び公共下水道事業に関すること 都市計画課

農業集落排水処理施設に関すること 農村振興課

浄化槽に関すること 循環型社会推進課

水道に関すること 生活衛生課

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 岡山県気候変動適応センター 岡山県における気候変動の影響と適応への取組(水環境・水資源)