ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

紀要

更新日:2020年4月30日更新

 当センターでは、このたび県内文化財の研究成果をまとめた「紀要 第1号」を刊行しました。国立歴史民俗博物館による調査成果も併せて収載しています。

 
タイトル収載内容発行年
紀要 第1号

・吉備南部における縄文-弥生移行期の収穫具 (藤井翔平)
・竃形土器の展開-岡山県の事例から- (亀山行雄)
・古代造瓦技術の変革-8世紀の備中国を題材にして- (松尾佳子)
・岡山城二の丸の成立-考古学的視点から見た宇喜多・池田期の遺構と縄張り- (和田剛)
・百間川の築造と上道郡の再開発 (高田恭一郎)
・古代吉備文化財センターに遺る戦争遺跡-旧吉備修練道場大講堂の特徴と性格- (尾上元規)
・岡山県内出土土器の年代学的調査-弥生時代後期~古墳時代前期を中心に- (国立歴史民俗博物館 藤尾慎一郎・坂本稔)

令和2年3月

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)