ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップ センター案内 > 紹介 > センター紹介

センター紹介

更新日:2021年4月9日更新

設置の目的

 いにしえに吉備と呼ばれた岡山県には、全国でも屈指の数の遺跡(昔の生活のあと)が残されており、貴重な出土品(昔の道具など)も数多く知られています。
 当センターは、そうした地下に埋もれた文化財(埋蔵文化財)の調査・研究を進めて郷土の歴史を明らかにするとともに、地域の財産として大切に保存し、広く活用を図るため、昭和59年(1984年)に設置されました。

空から見た造山古墳

岡山市造山古墳

沿革

昭和56年 4 月岡山県新総合福祉計画で埋蔵文化財センター構想が示される
昭和58年10月実施設計完了
昭和59年 1 月工事着工
昭和59年10月工事完成
昭和59年11月岡山県古代吉備文化財センター開所
昭和62年 4 月調査課が2課体制となる
平成 3 年 4 月調査課が3課体制となる
平成 3 年12月収蔵棟建設着工
平成 4 年 7 月収蔵棟完成
平成 9 年10月ホームページ開設
平成16年 4 月遺跡地図情報システムの公開、展示室の休日公開開始
平成16年12月遺物収蔵庫(岡山市三手)建設着工
平成17年 3 月遺物収蔵庫(岡山市三手)完成

空から見たセンター
上空から見たセンター

施設

施設の平面図

施設内容一覧

組織

所長

次長 参事

総務課総務班施設維持・管理、庶務・会計
調査
第一課
第一班公開活用、収蔵管理、市町村指導、発掘調査
旭川改修工事関連報告書作成
第二班こうもり塚古墳総合調査
調査
第二課
第一班一般国道53号(津山南道路)改築関連発掘調査
第二班一般国道53号(津山南道路)改築関連報告書作成
調査
第三課
第一班警察宿舎整備関連発掘調査・報告書作成
一般国道374号(美作岡山道路)改築関連発掘調査
第二班岡山地方法務局整備関連発掘調査・報告書作成
小田川合流点付替え関連報告書作成
一般国道2号(玉島笠岡道路)改築関連報告書作成

空から見たこうもり塚古墳です。

<こうもり塚古墳総合調査> 総社市:こうもり塚古墳

高尾北ヤシキ古墳の陶棺と筒形土製品(土管)が見つかった様子です。

<一般国道53号(津山南道路)改築関連発掘調査> 津山市:高尾北ヤシキ古墳(陶棺と筒形土製品)

稲刈り体験の様子です。
津島遺跡やよいまつり(穂摘み体験)

吉備路うぉーくの様子です。
吉備路ウォークの様子