ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

先輩職員の声 警察行政職員

行政1

【警察行政職員】
予算管理と執行、警察施設の維持管理、運転免許業務などを担当しており、警察組織を円滑に運営するために欠かせない存在です。

 

行政職員

警察署 総務・会計課 経理係  主事 (平成29年採用)

人を笑顔にすることができる仕事です。

私は、警察署で落とし物の窓口を担当しています。

警察署には、毎日たくさんの落とし物が届けられるため、その落とし物を管理することも大切な仕事です。
落とし物の特徴と遺失届を照合し、無事に持ち主にお返しできて、持ち主の方が笑顔になったときは、心から嬉しい気持ちになります。

基本的なことかもしれませんが、声を掛けやすい雰囲気をつくるために、いつも明るく元気に笑顔で過ごすことを心掛けています。
来署した方に安心して笑顔で帰っていただくことをやりがいに、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。

 

行政職員

警察行政職員志望者へのメッセージ

元々は警察官に興味があったのですが、警察行政職員という職種の業務の幅広さに魅力を感じ、自分自身も事務系のスキルを生かした仕事の方が自分には向いていると感じたことから、警察行政職員を志望しました。

私のように、一つの仕事を目指すきっかけは本当に人それぞれだと思います。
今岡山県警察で働いている職員も、きっかけは一人一人違いますが、「岡山県の安全・安心を守る」という共通の目的に向かって、業務を行っています。

皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

 

 

行政職員

警察本部 交通規制課 企画係 主事 (平成29年採用)

裏方にとどまらない活躍場面の幅広さが魅力。

警察行政職員は、「警察組織の裏方」というイメージをもっている方も多いかもしれません。
しかし、警察活動に必要な予算管理・執行、警察施設の維持・管理のような組織運営に関わる業務から、事件・事故の統計・分析、窓口業務まで幅広い場面で活躍しており、決して裏方にとどまることはありません。

私の担当する交通規制に関する許可事務もその一つです。
県民の方にとっては権利・義務に関する大変重要なものですから、根拠法令を正しく理解した上で、分かりやすい説明に心掛け、親切丁寧な対応に努めています。



行政2

警察行政職員志望者へのメッセージ

人のために役に立つ仕事をやってみたい、岡山県の治安をより良くしたいという思いのある方、そして、常に問題意識を持って物事に取り組み、自ら行動できる人に向いている職業だと思います。

警察官と共に岡山の街を守る、警察行政職員という道を目指してみませんか。