ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

先輩職員の声 刑事警察

【刑事警察】
殺人や強盗などの凶悪犯罪や詐欺事件などの知能犯罪、暴力団などによる組織犯罪などの事件の最前線で捜査活動を行い、犯人検挙と事件の全容解明に全力を尽くしています。

keizi

警察署 生活安全刑事課 巡査長

なぜ鑑識係を目指したのですか?

私が鑑識係を目指したきっかけは、警察学校で受けた鑑識業務の1日体験授業です。
授業の中で学んだ指紋や足跡などの資料採取、警察犬との捜索等の鑑識活動がとても面白く感じ、鑑識係を目指すようになりました。

仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

私が仕事をする上で大切にしているのは、「置かれている場所で一生懸命取り組む」ことです。私は鑑識係員になるまでに、交番や管区機動隊等で勤務していました。勤務中、辛いことも、厳しいと感じることもありましたが、その中でも自分にできることを一生懸命することで、身についた知識や技術がその後に役立った経験があります。今の経験を今後に生かすために、何事にも一生懸命取り組むという姿勢を変わらずやっていこうと思います。

これから警察官を目指す方へメッセージをお願いします

警察官を目指す中で、勉強にトレーニングにと大変だと思います。しかし、私は警察官採用試験に受かるまでより、受かってからの方が大変なことが多いと感じています。
どのような職業に就いても大変なことは必ずあると思いますが、同じ苦労をするなら、警察官という職業に挑戦してみることをお勧めします。

刑事

現在の業務について詳しく教えてください

暴行や傷害事件、窃盗事件などの事件捜査に携わっています。捜査は、単独プレーではなく、チームプレーが重要です。仲間が今どんな仕事をしているのか、自分は今何をすべきなのか、事件解決のために何が必要なのかを常に意識し、一つひとつの事件と向き合っています。

現在の部門を目指した理由を教えてください

刑事ドラマや推理小説に描かれている刑事への憧れがきっかけです。最初は、自分に刑事の仕事はできないだろうと思い込み挑戦すらしていませんでした。しかし、憧れを捨てきれず「一度しかない人生で後悔したくない」と思い、刑事部門を目指すことに決めました。

これからどんな警察官になりたいですか?

どんな事件が発生しても冷静沈着に捜査を行い、事件検挙ができる警察官になりたいです。ドラマのような華々しい仕事ばかりではありませんが、一生涯の仕事としてやりがいがあることは間違いありません。