ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 写真で見る県政 東京2020パラリンピック聖火リレー岡山県聖火フェスティバル集火・出立式
2022年の出来事
2021年の出来事
2020年の出来事
2019年の出来事
2018年の出来事
2017年の出来事
2016年の出来事
2015年の出来事
2014年の出来事
2013年の出来事
2012年の出来事

東京2020パラリンピック聖火リレー岡山県聖火フェスティバル集火・出立式

集合写真
 8月16日、岡山県総合グラウンド陸上競技場で、県内すべての市町村で採火された火を「岡山県の火」として、東京へ送り出す、集火・出立式を行い、小谷副知事が参加しました。
 市町村の火は、令和3年度岡山県パラリンピアン育成事業強化指定選手の大江 佑弥(おおえ ゆうや)さん、松本 友和(まつもと ともかず)さん、山田 隼平(やまだ しゅんぺい)さんによりトーチに点火され、大江さんが「『岡山県の火』から生まれる聖火が、選手の力になることを願う」と出立宣言されました。
 「岡山県の火」は全国各地の火とともに、東京2020パラリンピック聖火となります。

記事に関するお問い合わせ

岡山県保健福祉部障害福祉課
Tel 086-226-7343

トップページ 写真で見る県政 東京2020パラリンピック聖火リレー岡山県聖火フェスティバル集火・出立式