ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

所長挨拶

所長挨拶

所長 産本 弘之
所長 産本 弘之

岡山県は、水島コンビナートとともに長年培われた繊維や食品などの地域産業や農業機械、造船、自動車、電子機器など加工組立型産業や精密加工を中心に多様な産業が集積し、優れた企業が多く立地している、「ものづくり」産業が大きな特徴となっています。

また、岡山県では、総合的な計画「新晴れの国おかやま生き活きプラン」を平成29年3月に策定しました。このプランは、すべての県民が明るい笑顔で暮らす「生き活き岡山」の実現を目標に、平成29年度からの4年間で取り組む重点戦略や施策を盛り込んでいる、県政推進の羅針盤といえるものです。

このような中で、工業技術センターは、「地域産業の発展を支援する中核的機関」として、それぞれの担当分野において、基本業務である「技術相談・技術指導」、「依頼試験・設備利用」、「研究開発」を通じて、その機能の更なる強化と地域企業の「ものづくりのパートナー」として、将来の産業動向も視野に入れながら、地域企業の技術支援を推進してまいります。
現在、年間60件程の共同研究や 15,000件以上の技術相談・指導、試験機器の開放利用、研究会・講習会など、積極的に取り組んでいます。

企業が高い技術力を維持・確保するためには、企業競争力の源となる研究開発と人材育成が極めて重要です。工業技術センターや大学、他の支援機関等との連携体制を活用しながら進めていくためにも、連携の中核を担い、他機関との連携支援も積極的に行ってまいります。

企業の皆様、それぞれの段階に応じた適切・的確な支援を行うことで、岡山県における経済の発展と県民生活の向上に貢献してまいりますので、今後とも、一層のご利用をいただきますとともに、皆様方の温かい御支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。