ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 新型コロナウイルス感染症包括支援事業(障害分)

新型コロナウイルス感染症包括支援事業(障害分)

事業について

障害福祉サービスは、障害児者やその家族を支えるために必要不可欠なものであることから、「岡山県新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金(障害分)交付要綱」に基づき、障害福祉サービス施設・事業所等に対し、感染症対策を徹底した上で障害福祉サービスを提供するために必要な経費の支援、障害福祉サービスの利用再開に向けた利用者への働きかけや環境整備などの支援及び職員の方への慰労金の支給を行います。

 障害福祉サービス報酬の提出時期と重ならないようにするため、申請は下記の期間に国保連に原則としてインターネット申請してください。

 
受付月申請期間
7月7月21日から7月31日
8月8月15日から8月31日
9月9月15日から9月30日
10月10月15日から10月31日
11月11月15日から11月30日
12月12月15日から12月28日
令和3年1月1月15日から1月31日
令和3年2月2月15日から2月28日

 ※支払は受付日の翌月末以降になります。 

 ※可能な限り、12月までに申請してください。

 

目次

1 申請方法

2 各事業の概要

3 問合せ先

4 参考資料

 

申請方法

 次のリーフレットや本ページの事業概要等を参考に、申請書を作成し、申請してください。

緊急包括支援交付金パンフレット(障害福祉サービス等分) [PDFファイル/2.0MB]

1 申請書等様式

 次のExcelデータをダウンロードし、シート「(はじめにお読みください)申請書の使い方、申請書の手順」に従い作成してください。

<申請書>

 申請書様式(国保連提出用) [Excelファイル/111KB] ※施設・事業所が国保連へ提出する申請書の様式

 申請書様式(国保連提出用、Excel2007対応、職員表300行) [Excelファイル/108KB] ※Excel2007等でプルダウンでの選択入力ができない場合に使用してください。

 慰労金代理受領委任状 [Wordファイル/17KB] ※施設・事業所が職員の慰労金を代理受領する場合に、職員が施設・事業所に提出するもの

 慰労金個人申請書(Excel版) [Excelファイル/24KB]

 慰労金個人申請書(PDF版) [PDFファイル/796K

 ■履歴

  令和02年07月27日 08時30分 申請書様式(国保連提出用)を掲載しました。

  令和02年08月04日 18時00分 申請書様式(国保連提出用)を修正しました。

                     [修正点] 別ファイルからの個票コピーに対応、職員表の行数を300行に変更

  令和02年08月06日 21時30分 申請書様式(国保連提出用、Excel2007対応)を追加掲載しました。

 

<記入例>

 (準備中)

 

<申請マニュアル>

 施設・事業所用申請マニュアル(国保連へ提出する場合) [Wordファイル/497KB]

 慰労金申請マニュアル(個人申請用) [Wordファイル/371KB]

 

<Q&A>

 Q&A全体版 [PDFファイル/297KB]

 

2 申請方法

(1)障害福祉サービス事業所からの申請

 原則、岡山県国民健康保険団体連合会の電子請求受付システムによるインターネット申請により行います。(毎月15日から末日まで)

 可能な限り令和2年12月末日までに提出してください。(支出見込額での申請が可能です。)

 ※国保連登録の口座に支払われる障害福祉サービス報酬について債権譲渡している事業所や、報酬を請求していない市町村に係る申請方法については、8月中旬をめどに本ページで御案内します。

(2)個人申請(慰労金)

 現在障害福祉サービス施設・事業所等に勤務していない慰労金給付の対象者の方で、在籍していた勤務先から申請いただくことが困難な方は、直接県に申請を行ってください。

 慰労金個人申請書を作成し、次の送付先に郵送してください。

 〒700-0823

 岡山県岡山市北区丸の内1-1-4 全日信販ビル2階

 岡山県 医療・福祉従事者支援センター

 

3 実績報告

 事業が完了した際は、すみやかに県に対して、実績報告を行います。

 実績報告の様式等については、本ページに掲載予定です。

 ※実績報告に、領収書等証明書が必要ですので、大切に保管しておいてください。

各事業の概要

事業の詳細は、参考資料の「実施要綱」を御確認ください。

(1) 感染症対策を徹底した上での障害福祉サービス提供支援事業

・事業内容

 令和2年4月1日以降、感染症対策を徹底した上で、サービスを提供するために必要なかかり増し経費を補助する。

・支援対象者及び助成上限額

 事業所・施設の種別ごとの助成上限額一覧 [PDFファイル/60KB]

・支援対象経費例

 感染症対策に要する物品購入、外部専門家等による研修実施、感染発生時対応・衛生用品保管などに使える多機能型簡易居室の設置、感染防止のため発生する追加的人件費、自転車・自動車の購入費用、ICT機器の購入費用 など

※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出または支出予定のものが対象です。

※実績報告時に領収書等証明書が必要ですので、ご留意ください。

(2) 障害福祉サービス再開に向けた支援

・事業内容

 (1) 在宅障害福祉サービス事業所による利用者への再開支援への助成

 (2) 在宅障害福祉サービス事業所における環境整備への助成

・支援対象者

 (1) 令和2年4月1日以降、サービス利用休止中の利用者への利用再開のための支援を行った計画相談支援事業所、障害児相談支援事業所及び在宅サービス事業所

 (2) 令和2年4月1日以降、感染症防止のための環境整備を行った在宅サービス事業所、計画相談支援事業所及び障害児相談支援事業所

・対象経費

 (2) 「3つの密」を避けてサービス提供を行うために必要な環境整備に要する以下のようなものの購入費用など

  (例) 長机、飛沫防止パネル、換気設備、自転車、ICT機器、内装改修費 など

  ※令和2年4月1日から令和3年3月31日までに支出または支出予定のものが対象です。  

   ※実績報告時に領収書等証明書が必要ですので、ご留意ください。

・助成上限額

 (1) 助成額一覧 [PDFファイル/90KB]

 (2) 20万円

(3)障害福祉サービス事業所・施設等に勤務する職員に対する慰労金の支給事業

・事業内容
介護サービス事業所・施設等に勤務する職員は、感染すると重症化するリスクが高い利用者との接触を伴うこと、 継続して提供することが必要な業務であること、及び介護施設・事業所での集団感染の発生状況を踏まえ、相当程度心身に負担がかかる中、強い使命感を持って、業務に従事していることに対し、慰労金を給付します。

※原則として障害福祉サービス事業所・施設等が職員分を取りまとめて、申請します。

 

•慰労金支給対象者

次の1及び2の両方に該当する者

1 障害福祉サービス事業所・施設等で本県における新型コロナウイルス感染症患者1例目が発生した令和2年3月22日から令和2年6月30日の間に通算して10 日以上勤務した者

2 「利用者との接触を伴い」かつ「継続して提供することが必要な業務」に合致する状況下で働いている職員

※慰労金の給付は、医療機関や介護施設等に勤務する者への慰労金を含め、1人につき1回までに限る。

•慰労金の額
・感染者、濃厚接触者に実際サービスを提供した場合などは、20万円

・上記以外は、5万円

 

問合せ先

○対象経費、申請書の記載方法など事業全体に関すること

岡山県保健福祉部保健福祉課 医療・福祉従事者等支援班

(通称:医療・福祉従事者支援センター)

086-226-7965

 

○障害福祉サービス報酬の電子請求受付システムの操作方法に関すること

国民健康保険中央会 障害者総合支援電子請求受付システムヘルプデスク 

0570-059-403

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 新型コロナウイルス感染症包括支援事業(障害分)