ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 農林水産総合センター 岡山県が育成した登録品種の利用について

岡山県が育成した登録品種の利用について

1 利用許諾について

 岡山県が育成した登録品種及び出願品種(以下「県登録品種」という。)の種苗の生産や有償・無償を問わず譲渡を行う場合は、県との利用許諾契約が必要です。(県の規程に基づく利用料の支払い等の条件があります。)
 利用許諾のご相談、申込みは県農林水産総合センターにお問い合わせください。

 岡山県が育成した登録品種、出願品種一覧(令和3年10月15日現在) [PDFファイル/83KB]

※各品種の特性については、当センター農業研究所ホームページで確認できます。
 育成品種一覧と現在登録のある品種・商標の紹介
※適切な管理・活用、県内産業の振興、県内への普及の促進等のため、許諾しないことがあります。

 県外許諾について

2 種苗法改正に伴う対応について

 令和2(2020)年12月2日に種苗法の一部を改正する法律が成立し、同年12月9日に公布されました。

県登録品種の利用に関わる方針

 優良品種の海外への流出防止等を目的とした種苗法の改正に伴い、県登録品種の利用に関わる方針を次のとおり定めました。

(1)県登録品種の種苗を海外に持ち出すことを禁止します。ただし、利用許諾先の販売戦略上、輸出が必要と認める品種は除きます。

(2)今後の出願品種については、岡山県内での栽培に限定します。
     なお、既存の県登録品種は、種苗販売業者等との契約において、栽培地域が制限されています。

(3)自家増殖については、下記<種苗管理の遵守事項>を条件に許諾し、手続及び利用料は不要とします。ただし、自家増殖により品質低下等が懸念される品種については、自家増殖を禁止します。

(4)上記(1)~(3)を基本としつつ、引き続き、産地育成やブランド戦略等を勘案し取扱いを検討します。

<種苗管理の遵守事項>
 ア 自家増殖により得た種苗は有償・無償を問わず第三者に譲渡しないこと
 イ 品種の特性を著しく損なうことのないよう、適切な種苗を選別して利用すること
 ウ 自己の農業経営に用いなかった種苗は、遅滞なく廃棄又は食用とすること
 エ 自家増殖に関連する岡山県の調査に協力すること
 オ 第三者から自家増殖した種苗を譲り受けたい又は譲渡したい旨の申出があった
   場合は、遅滞なく県に報告すること
 カ 種子については、品質維持の観点から、数年ごとに更新を行うこと
 ※ 自己の農業経営向けに増殖を行った時点で、この遵守事項に同意されたものと
      
みなします。

<注意事項>
・ <種苗管理の遵守事項>について重大な違反があった場合、県は本許諾を過去にさかのぼって解除することができることとします。なお、本許諾を解除したことにより損害が生じたとしても、県は一切の損害賠償義務を負わないものとします。
・自家増殖によって得られた種苗及び収穫物の特性について、県は責任を負わないものとします。
・自家増殖によって得られた種苗を第三者に譲渡する行為は、種苗法違反となります。

県登録品種の利用に関わる方針のチラシ

チラシ(表)
(表面)岡山県が育成した登録品種を利用される皆様へ [PDFファイル/697KB]





チラシ(裏)

(裏面)岡山県が育成した登録品種・出願品種の利用条件(令和3年10月15日現在) [PDFファイル/129KB]


 

登録品種の表示の義務化 (種苗の生産・流通業者の皆さまへ)

 県から許諾を受け、県登録品種の種苗を譲渡する場合は、種苗又はその包装に次の(1)~(3)の表示が必要です。また、種苗の譲渡時だけでなく、譲渡のための広告、展示を行う場合も、同様の表示が必要です。
(1)登録品種名
(2)登録品種である旨
(3)海外持出や国内栽培地域の制限がある場合はその条件 

※ 表示の記載例などの詳細については、農林水産省作成のパンフレットをご覧の上、適正な表示を行ってください
   種苗法改正による、登録品種の種苗を販売する際の表示の義務化について(農林水産省パンフレット)
※ 利用許諾契約において種苗の譲渡先や栽培地域を限定されている品種には、その旨を表示してください。また、商標名がある場合は、品種名と併記してください。

3 種苗法等の関連リンク

改正種苗法について(農林水産省)
 種苗法改正の概要、Q&A、海外持出制限の公示などが記載されています。

品種登録ホームページ(農林水産省)
 
品種登録データの検索ができます。

 岡山県以外が育成した登録品種の利用条件等は、それぞれの育成者権者のホームページ等をご確認ください。
農研機構育成の登録品種の自家用の栽培向け増殖に係る許諾手続きについて (農研機構)
 農研機構が育成した登録品種(シャインマスカット等)の利用条件が確認できます。 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 農林水産総合センター 岡山県が育成した登録品種の利用について