ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 動物取扱業について

動物取扱業について

第一種動物取扱業

平成24年9月の動物愛護法改正により、登録制であった動物取扱業は「第一種動物取扱業」にその名称が変更されました。
また、それまで動物愛護法の規制の対象外だった非営利の動物の取扱いについては届出制の「第二種動物取扱業」として規制を受けることになりました。
        登録申請書(様式第1)、第一種動物取扱業の実施の方法(様式第1別記)
        犬猫等健康安全計画(様式第1別記2)、参考様式第1、従事証明書、
        犬猫等販売業開始届出書(様式第6の2)
        犬猫等販売業者定期報告届出書(様式第11の2)  他
        登録更新申請書(様式第4)、第一種動物取扱業の実施の方法(様式第1別記)
        犬猫等健康安全計画(様式第1別記2)  他
        第一種動物取扱業変更届出書(様式第7)  他
        第一種動物取扱業登録証亡失届出書(参考様式第2)、参考様式第3
        第一種動物取扱業登録証再交付申請書(様式第3)
        業務内容・実施方法変更届出(様式第5)、
        廃業等届出書(様式第8)、犬猫等販売業廃止届(様式7の2)  他

第二種動物取扱業

動物愛護団体のシェルターのように非営利の譲渡などで動物の取り扱いを一定以上の規模の施設で行っている場合は第二種動物取扱業の届け出が必要となります。

その他


トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 動物取扱業について