ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 特定動物の飼養又は保管について

特定動物の飼養又は保管について

 トラ、ニホンザル、タカ、ワニ、マムシなど人の生命、身体、財産に害を加えるおそれがある特定動物を飼養保管するときは許可を受ける必要があります。
 飼養保管する動物が特定動物に該当するかどうかは特定動物リスト(環境省ホームページ)をご覧ください。

 令和元年6月19日に公布された改正動物愛護管理法(令和2年6月1日施行)により、特定動物の飼養又は保管に係る規定が変わり、次のとおり規制が強化されました。
 (1)特定動物が交雑して生じた動物(交雑種)も特定動物として扱う(法第25条の2)  

           交雑

       ※交雑種同士の交配により生まれた子は特定動物ではありません

                                       

 (2)特定動物(交雑種含む)の愛玩目的での飼養を禁止(法第26条)

  ※令和2年5月31日までに愛玩目的での飼養・保管許可を受けておられる方は、その許可により飼養・保管している個体に限り、引き続き飼養・保管することができます。

 特定動物の飼養保管の許可や変更等の手続きについては以下をご覧ください。

特定動物の飼養又は保管について


トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 特定動物の飼養又は保管について