ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

必要ないと断る。

あなたの判断は正解です。

床下や屋根などを無料や低価格で点検すると言って家庭を訪問し、その点検をきっかけにして、工事の契約を結ばせるといった商法を点検商法といいます。工事内容の割に高額であったり、もともと工事の必要性が低い場合も多く、一度契約をすると、次々と不要な工事を持ちかけられる場合もあります。
無料ならと安易に点検してもらうと、「湿気がひどい」「このままでは土台がだめになる」「大きな地震が来れば、ひとたまりもない」などと、不安をあおるなどして、言葉巧みに工事の契約を結ばされてしまいます。
点検してもらいたいときは、その家を建てた業者など信頼できる業者に依頼するのがいいでしょう。

このままだと危ない。早く手を打った方がいいですよ。

 <参考>

くらしの豆知識

消費のアドバイス

情報資料室

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)