ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 フォトギャラリー 県立岡山工業高等学校でオンライン授業が行われています
2020年の出来事
2019年の出来事
2018年の出来事
2017年の出来事
2016年の出来事
2015年の出来事

県立岡山工業高等学校でオンライン授業が行われています

 県立岡山工業高等学校では、3月に学校の一斉休業が始まるとすぐにG Suite for Educationを導入し、生徒一人一人のアカウントを取得しました。現在、数学科では授業を短編動画にして配信、情報技術科では電気工事士の資格取得に向けたオンライン授業の実施、機械科では検定取得に向けた解説動画の配信などさまざまな取組を進めています。5月11日、その様子を取材してきました。
 電気科1年生を対象とした電気基礎の授業担当者は今年度新採用の谷口将大教諭です。学習内容は「オームの法則について」で、形態はMeetを活用したオンライン授業です。教科書の内容に加えて、要点をまとめたスライドを生徒と共有しながら授業が進みます。チャットやマイクの機能を使って、生徒の理解の状況を丁寧に把握しながら授業が進められ、生徒からも積極的に質問が寄せられています。授業後には本時の内容理解を確認する問題がFormを使って配信され、生徒が取り組んでいます。
 建築科2年生では、オンラインホームルームが行われています。Meetの画面越しに担任が生徒一人一人に声をかけ、健康状態や課題の進捗状況等について丁寧に確認しています。生徒は担任の声かけに元気に応え、製作途中の製図の図面を画面上で見せるなどしています。
 同校の文谷元信校長は、「ICT機器の活用に関しては、失敗を恐れずどんどん前へと進めていくことが大切。『できることからやってみよう』という気持ちを大切にして、意欲溢れる先生方と力を合わせて、チャレンジを続けていきたい」と力強く話していました。

▲電気基礎の授業

▲電気基礎の授業

▲オンラインホームルーム

▲オンラインホームルーム

この記事に関するお問い合わせ

県立岡山工業高等学校
086-252-5231

トップページ 教育委員会 フォトギャラリー 県立岡山工業高等学校でオンライン授業が行われています