ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 教育委員会 フォトギャラリー 簿記と電卓の全国大会で優勝した倉敷商業高校の生徒が教育長を表敬訪問
2020年の出来事
2019年の出来事
2018年の出来事
2017年の出来事
2016年の出来事
2015年の出来事

簿記と電卓の全国大会で優勝した倉敷商業高校の生徒が教育長を表敬訪問

 9月2日に東京で行われた平成30年度全国簿記競技大会と平成30年度全国電卓競技大会で優勝した県立倉敷商業高等学校の生徒が、10月25日に鍵本教育長を表敬訪問しました。
 訪問したのは、簿記の団体競技(高等学校の部)で優勝した3年生5人、岸本梨花さん、野上七海さん、中津莉穂子さん、小松原春佳さん、諏訪萌衣さんと、電卓の個人総合で優勝した森末清愛さん(1年)です。このうち、小松原さんは簿記の個人総合でも優勝しました。
 簿記の大会について岸本さんが、「団体競技では、昨年1問差で優勝を逃したので、その悔しさをバネにして努力してきた。念願の優勝ができて大変うれしい」と報告し、電卓で優勝した森末さんは「1年生ということで、伸び伸び参加できた。2連覇を目指したい」と大会を振り返りました。
 鍵本教育長は「今までの努力の成果。努力が裏切らないことを体験を通して学ぶことができたのではないか。誇りに思ってこれからの生活に生かしてほしい」と祝福の言葉を贈りました。

大会報告

▲笑顔での大会の報告を行いました

電卓実演

▲電卓計算を実演する森末さん

記念撮影

▲記念撮影

この記事に関するお問い合わせ

県教育庁高校教育課
Tel 086-226-7586

トップページ 教育委員会 フォトギャラリー 簿記と電卓の全国大会で優勝した倉敷商業高校の生徒が教育長を表敬訪問