ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 教育史年表(岡山県)(明治から昭和19年)

教育史年表(岡山県)(明治から昭和19年)

「岡山県教育百年の歩み」 岡山県教育委員会 学制発布百年記念誌(昭和47年発刊)から転載
 

明治4年(1871年)

  9月14日
  [陰暦  7月30日]

岡山県庁、岡山市石関町に開く
12月16日
  [陰暦11月15日]
備前は岡山県、備中は深津県、美作は北条県となる

明治5年(1872年)

  [陰暦  1月] 岡山藩学校の教則及び学科を改正し、岡山普通学校とする
  7月12日
  [陰暦  6月7日]  
深津県、小田県となる

明治6年(1873年)

  [陰暦  1月] 文部省の令により、設立すべき計画学校数を、
岡山県(人口333,714人)571校、
小田県(人口608,353人)951校、
北条県(人口83,500人)358校と上申
  [陰暦10月] 岡山普通学校を岡山県第 1中学区第 1番小学校兼教員仕立所と改める
私立遺芳館設立

明治7年(1874年)

  3月興譲館(小学)設立
  6月12日  温知学校開校設立(岡山県の教師養成・校内に中学生養成所)
小学教員研究所設立(小田県の教師養成)
教員伝習所設立(北条県の教師養成)
  6月 小田県内の小学 464校

明治8年(1875年)

  4月  8日    旧岡山県に学務課設置
  6月旧岡山県の小学 246校
12月10日  小田県、岡山県に合併

明治9年(1876年)

  1月  7日岡山県職制を廃し岡山県諸官員事務章定を定め、教育事務は第五課の所管となる
  3月18日岡山県温知学校へ福山師範学校を統合し岡山県師範学校と改称
  4月18日北条県、岡山県に合併
  6月  2日小学、本校 881校 分校 54校、計 935校

明治10年(1877年)

この年、岡山県の就学率 43.5%(全国平均 38.8%)

明治11年(1878年)

  1月29日岡山県師範学校に書籍館を開設
11月15日各郡区役所に人智開発啓蒙のため新聞縦覧所をおく(1888年3月廃止)

明治12年(1879年)

  1月  4日山陽新報発刊
  2月  7日岡山県学務課事務章程制定
  2月  8日初の県議会議員選挙(議員数 49人)
  2月10日岡山中学校創立(1949年8月16日県立岡山朝日高校)
  3月20日初の県議会開く
  5月12日岡山県庁舎、岡山市石関町天神山に新築落成(1945年6月29日空襲により焼失)

明治13年(1880年)

  3月  5日学務委員の職制および心得を制定
  9月岡山医学館を岡山県医学校と改称(1888年8月廃止)
10月25日岡山県商法講習所設置(実業教育機関のはじめ)

明治14年(1881年)

  7月28日町村立小学校概則を制定
  7月岡山・玉島に紡績所開業
10月14日就学督責規則を制定
12月10日私立順正女学校設立(→1921年4月10日)

明治15年(1882年)

  7月  4日小学教員免許状授与規則を制定(免許状の有効年限 5年など) (1886年12月廃止)
この年、岡山県の就学率 59.8%(全国平均 48.5%)

明治16年(1883年)

  2月  6日岡山県町村立中小学校校長教諭職務心得を布達(校長教員の勤務などについて)
  6月30日岡山県師範学校規則を制定

明治17年(1884年)

  3月  2日後楽園、県営公園として一般に開放(池田家、後楽園を県へ寄付)
  8月  1日私立閑谷黌開校(1903年 私立閑谷中学校となる →1921年4月10日)
  7月  1日私立岡山普通予備学校設立(→1899年4月12日金川高校)
11月岡山県師範学校付属幼稚科を設置

明治18年(1885年)

  2月  5日小学校建築心得を公布
  4月私立川東幼稚場、国清寺内に設立(岡山市旭東幼稚園のはじまり)
  9月岡山県幼稚園保育規則制定
12月12日岡山県教育会発足
この年、学齢児童は 168,767人 就学児童は 111,485人(66.1%)

明治19年(1886年)

  6月私立岡山女学校設立(1889年 私立まい瑰女学と改称、1911年 清心高等女学校と改称)
  9月21日山陽英和女学校設立(山陽学園)
12月 1日 

町村立小学校規則制定(学校の設置、廃止、就学授業料、教員免許状のことなど)

明治20年(1887年)

  3月23日小学校職員俸給月額改訂(高等小学校長 10~35円、同訓導 10~30円、尋常小学校長 8~25円、同訓導 6~20円)
  8月17日岡山薬学校設立(1899年 私立関西中学校と改称)
  9月岡山孤児院の創立(石井十次)

明治21年(1888年)

  8月13日学校生徒礼式要項を制定
10月  1日町村立小学校職員衣服の標準を示す(洋服)

明治23年(1890年)

  4月県内高等小学校は 69校

明治24年(1891年)

  1月17日岡山県尋常師範学校において、県下各郡市長に対し、教育勅語謄本の交付式を行う
  3月18日山陽鉄道、三石・岡山間開通(4月25日 岡山・倉敷間、7月14日 倉敷・笠岡間開通)

明治25年(1892年)

11月15日 岡山県、小学校設備規則を制定
11月15日 岡山県、就学児童出席停止規則制定(伝染病、不良行為の場合)

明治26年(1893年)

  9月尋常師範学校付属小学校、通知簿を制定(学校と家庭との連絡を緊密にするため)

明治27年(1894年)

  9月19日岡山県、体育および衛生についての心得を通達
11月神道金光教会学問所開設(1899年 私立中学校となる)

明治28年(1895年)

  8月  3日   岡山県高梁尋常中学校創立(→高梁高校)
  9月20日  岡山県津山尋常中学校創立(→津山高校)
この年、県内幼稚園は 7園、園児数男 262人、女 264人 計 526人

明治29年(1896年)

10月自分の名前を書ける者、書けない者、の調査(15~30歳で書ける者、男 81.1%,女 60.2%)

明治30年(1897年)

  1月11日小学校授業料規則制定( 1ヶ月尋常小学校 30銭以下、高等小学校 60銭以下)
  1月21日岡山県、学校清潔方法の標準を定める

明治31年(1898年)

  1月  8日岡山県、公立学校に校医の設置を示達
  5月岡山県商業学校設置(開校式 10月18日→1927年2月 県立岡山東商業高等学校)
  9月26日児島港開墾の起工
 12月21日津山線開通(中国鉄道)

明治32年(1899年)

  4月  1日  岡山県農学校開校(県立高松農業高校)
  4月12日  私立養忠学校開校(→1904年4月)

明治33年(1900年)

  2月10日 岡山県高等女学校設置(開校 5月11日→1949年8月16日  県立岡山操山高校)
  3月30日第六高等学校、岡山に設立
10月  2日小学校設備規則を改正

明治34年(1901年)

  4月  1日町立西大寺高等女学校設置(→1922年3月29日)
  4月28日郡立農林学校設置(→1921年3月30日)
10月10日県立工業学校設置(県立岡山工業高校)
10月19日県立矢掛中学校設置(開校 1902年4月2日  県立矢掛高校)
この年、県内の高等小学校 70校、尋常小学校 563校、尋常高等小学校 5校、計 638校

明治35年(1902年)

  2月27日岡山県女子師範学校設置(岡山市大供)
  3月高等小学校に実業科の設置を訓令
  4月  1日町立笠岡女学校設置(→1949年8月16日  県立笠岡高校)
  5月  8日岡山市立商業学校設置(→1949年8月16日 県立岡山南高校)   
  5月町立笠岡商業学校設置(1921年3月30日)

明治36年(1903年)

  3月県立津山高等女学校設置 (→1949年8月16日 県立津山高校)
  3月久世実科高等女学校
12月12日井原女学校設置(→1929年4月1日)

明治37年(1904年)

  4月  1日女子師範学校に小学校を付設
  4月  6日岡山実科女学校設置(就実学園)
  4月25日町立玉島女学校設置(→1928年4月1日)
  4月養忠学校、金川中学校と改称、岡山から金川へ移る(→1952年4月1日)
  7月  1日小学校数 639校、教員数 2,645人 うち本科正教員は 1,647人

明治38年(1905年)

  1月岡山市教育会の提唱によって、夜間義務教育所の開設(岡山市内に 11カ所)
  4月岡山県の就学率 99.2%

明治39年(1906年)

  3月  8日私立関西中学校天城分校設置(→1921年4月10日 天城中学校)
  3月24日県立図書館設置

明治40年(1907年)

11月17日陸軍第 17師団、岡山市に設置

明治41年(1908年)

  4月  1日組合立精思女学校(→1928年4月1日 県立倉敷高等女学校)
  4月18日倉敷女学校設立(1928年4月1日 県立林野高等女学校)
  4月20日村立鴨方観生女学校設置(→1942年4月1日)
 11月私立岡山県教育会付設盲唖学院設置(→1927年4月)

明治42年(1909年)

  3月瀬戸実科高等女学校設置
  4月私立中学閑谷黌の分黌を岡山市に設置(1913年 独立して私立中学岡山黌となる)

明治43年(1910年)

  6月12日宇野線(岡山ー宇野)開通、宇高連絡船就航

明治44年(1911年)

  3月吉備商業学校設立
  5月17日町立勝山実科高等女学校設置
この年、県内幼稚園は 23園、園児数男 1,049人、女 1,022人、計 2,071人

明治45年/大正1年(1912年)

  3月31日町立倉敷商業学校設置(1949年8月16日県立倉敷商業高校)
  4月  1日 岡山市内電車開通

大正2年(1913年)

  4月矢掛女学校設置(県立矢掛高校)

大正3年(1914年)

  7月  1日市立岡山工芸学校設置

大正5年(1916年)

  5月  9日  青年団の設置、組織などについて訓令
(団員の年齢は義務教育終了後、満 20歳までを原則とし、小学校区単位に組織するなど)

大正6年(1917年)

  4月  1日村立興除実業学校設置(→1946年4月1日興陽高校)
  5月  1日組合立春靄高等女学校設置(→1928年4月1日総社高等女学校)

大正7年(1918年)

  4月  1日県立工業試験場設置
  5月  1日町立新見実科高等女学校設置(→1939年4月県立新見高等女学校)

大正8年(1919年)

  4月30日龍王実科高等女学校設置(→1949年8月16日県立南海高校)

大正9年(1920年)

  3月好景気さり、不況、普通選挙運動(大正デモクラシー)
  3月町立津山商業学校設置(→1921年4月1日)
12月25日岡山第二中学校開設(→1949年8月16日県立岡山操山高校)

大正10年(1921年)

  3月30日笠岡商業学校を県営に移管(→1944年4月1日)
  3月30日郡立農林学校を県営に移管し、勝間田農林学校と改称(→1949年8月16日勝間田農林高校)
  3月邑久実科高等女学校設置(→1929年4月1日)
  4月10日天城中学校(県立天城高校)
順正高等女学校(→1949年8月16日県立高梁高校)
閑谷中学校(→1949年8月16日県立和気高校)を県営に移管
  6月  4日  勝山中学校設置(→1949年8月16日県立勝山高校)

大正11年(1922年)

  3月  1日県立実習補習学校教員養成所設置
  3月29日西大寺高等女学校を県営に移管(→1949年8月16日県立西大寺高校)
  3月31日岡山医学専門学校、医科大学に昇格
  3月組合立和気高等女学校設立(→1928年4月1日)

大正12年(1923年)

  3月  9日岡山県社会教育の振興について訓令(学校を社会教化の中心にするなど)

大正13年(1924年)

  3月組合立落合実科高等女学校設置(→1928年4月1日)
  4月 女子実業補習学校教員養成所設置(→1935年4月)
  4月29日岡山県育英会設立

大正14年(1925年)

  3月30日岡山県福渡実科女学校設置(→1929年4月1日)
  5月  1日  陸軍第 17師団廃止

大正15年/昭和1年(1926年)

  1月町立玉島商業学校設置(→1949年8月16日県立玉島高校)
  3月12日町立成羽高等女学校設置(→1939年3月29日)
  3月瀬戸実業学校設置
  4月30日  新見農林専修学校設置(→1928年4月1日)
  7月  1日  郡役所廃止
  9月21日岡山県体育協会設立
11月21日倉敷天文台設置
12月25日中等学校入学難の緩和について通牒(学校選択を誤らないこと 入試準備の学級を設置しないことなど)

昭和2年(1927年)

  2月岡山県岡山商業学校、岡山県第一岡山商業学校と改称し、岡山県第二商業学校を併設(→1949年8月16日県立岡山東商業高校)
  4月  1日岡山盲唖学校を県営に移管
  4月  1日津山商業学校を県営に移管(→1949年8月16日県立津山商業高校)

昭和3年(1928年)

  3月15日日本共産党事件で第 6高等学校生徒ら多数検挙(3・15事件)
  4月  1日倉敷市発足
  4月  1日8高等女学校(倉敷、味野、和気、林野、福渡、総社、玉島、笠岡)、3中等学校(新見農林、倉敷商業、津山商業)を県営に移管
10月25日伯備線全線開通

昭和4年(1929年)

  2月10日津山市発足
  4月  1日井原(県立井原高校)、邑久(県立邑久高校)高等女学校を県営に移管

昭和5年(1930年)

  8月岡山県女教員会発足(岡山市津島に女教員会館を建設)
10月25日岡山放送局(JOKK)開局
11月  5日大原美術館開館

昭和6年(1931年)

  1月23日岡山県教職員互助会発足(会員相互の生活の安定、共同の幸福増進を目的に)

昭和7年(1932年)

  7月  1日因美線全線開通
11月22日岡山県、市町村に社会教育委員の設置を訓令

昭和9年(1934年)

  1月13日教育疑獄起こる(贈収賄で起訴予審へ回付された者、校長16,視学4,課長2,村長1,県属1,訓導1,農1)
  3月10日瀬戸内海、国立公園となる
  5月20日第一回岡山体育祭(岡山練兵場)
  9月21日室戸台風(県下に大風水害)

昭和10年(1935年)

  4月県青年学校教員養成所、女子青年学校教員養成所設置
この年、県内幼稚園は 97園、園児数男 3,337人、女 3,264人、計 6,601人

昭和11年(1936年)

  3月町立児島商業学校設置(→1949年8月16日県立南海高校)
  4月  1日県立岡山第 2高等女学校設置(→1949年8月16日県立岡山朝日高校)

昭和12年(1937年)

  4月  1日岡山市立商業学校の女子部を分離独立し、岡山女子商業学校を設置(→1949年8月16日県立岡山南高校)

昭和14年(1939年)

  3月岡山県倉敷工業学校設置(→1949年8月16日県立倉敷工業高校)
  3月町立日比高等女学校設置(→1949年8月16日県立玉野高校)
  4月  1日  新見(県立新見高校)、成羽(県立成羽高校)、瀬戸(県立瀬戸高校)、矢掛(県立矢掛高校)の各高等女学校県営に移管

昭和15年(1940年)

  8月  3日玉野市発足(人口 37,938人)

昭和16年(1941年)

  2月21日岡山県津山工業学校設置(→1949年8月16日県立津山工業高校)
  4月  1日岡山県西大寺中学校設置(→1949年8月16日県立西大寺高校)
  4月  1日岡山県玉野中学校設置(→1949年8月16日県立玉野高校)
12月16日学校報国団則制定

昭和17年(1942年)

  2月吉備修練道場開設
  4月  1日観生高等女学校、鴨方高等女学校と改称し、県営に移管
  4月  1日勝山家庭科高等女学校を勝山高等女学校と改称し、県営に移管(1949年8月16日県立勝山高校)
  4月各種学校令により岡山県立夜間中学校を設置
(1943年4月中学校令による烏城中学校となる 1948年4月烏城高校(夜間定時制))

昭和19年(1944年)

  1月  7日県立中・女学校に学区制を実施
  4月中等学校・高等学校生徒、軍需工場への勤労動員始まる 学校の工場化も行われる
  4月  1日岡山県倉敷中学校設置(→1949年8月16日県立倉敷青陵高校)
  4月  1日笠岡商業、琴浦商業、吉備商業学校 工業学校へ転換
  4月青年師範学校設置
  7月渋川海洋道場開設

トップページ 組織で探す 教育委員会 教育政策課 教育史年表(岡山県)(明治から昭和19年)