ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 通所付添サポート事業

通所付添サポート事業

全国知事会先進政策大賞受賞スキームアウトカム 

通所付添サポート事業を実施している市町村

通所付添サポート事業実施市町村及び実施団体 (令和4年2月現在)

市町村名団体名(開始時期)
吉備中央町通所付添サポート隊(平成29年9月)
備前市

三石いきいき付添サポート隊(平成30年12月)

吉永付添サポート隊(令和4年1月)

奈義町なぎサポ(平成31年2月)
矢掛町

三谷ふれ愛の会(平成31年2月)

ダイヤモンドクラブ(令和2年1月)

小田地域ミニデイサービス(令和2年9月)

あすみる倶楽部(令和3年11月)

西粟倉村げんき DE あい隊(令和元年10月)
早島町早島町チームころばん隊(令和2年1月)
里庄町里ちゃんつきそい隊(令和2年1月)
赤磐市赤磐市モモちゃんサポーター(令和2年1月)
新庄村新庄ふれあいサポーター素晴夢(令和2年1月)
高梁市

巨瀬町通いの場2020(令和2年10月)

かわかみお出かけ隊(令和2年10月)

あいあいサポート隊(令和2年10月)

ソルティール川面(令和4年1月)

笠岡市かさおかいきいき応援団(令和3年11月)

通所付添サポート実施市町村(R3年度)

通所付添サポーター養成講習の紹介ページができました。

通所付添サポーター講習

 

通所付添サポート事業出発式を開催します(2020年1月10日)

「通所付添サポート事業」は、県の付添講習を終了したサポーターが、福祉施設の車両の遊休時間帯を利用して、自力外出が困難な高齢者に付き添い、地域の通いの場等への参加を手助けするものです。

本年度、事業実施を希望する市町村において、これまで住民と一緒に活動の準備を進めてきましたが、このたび、4市町村で出発式を開催することになりました。

出発式スケジュール
市町村サポーター名称日時会場
早島町早島町チームころばん隊令和2年1月14日(火曜日)15時00分早島町役場
里庄町里ちゃんつきそい隊令和2年1月17日(金曜日)12時00分里庄町役場
赤磐市赤磐市モモちゃんサポーター令和2年1月28日(火曜日)9時30分あかいわハートフル太陽
新庄村新庄ふれあいサポーター素晴夢(スバラーム)令和2年1月29日(水曜日)11時00分新庄村ふれあいセンター

 

報道発表資料(出発式のお知らせ) [PDFファイル/129KB]

 

通所付添サポート事業使用車両を対象とした自動車保険の商品化について(2019年11月21日)

本県では、市町村が社会福祉法人等の車両を空き時間に無償で借り上げ、住民ボランティアが自力移動困難な高齢者に自宅から通いの場まで付き添う活動(通所付添サポート事業)を推進しています。

これまで、仮に付添活動中に事故が発生した場合は、社会福祉法人等の自動車保険を使用することになることが課題でしたが、このたび、県との包括協定に基づき、損保ジャパン日本興亜株式会社により自動車保険が商品化されましたので、お知らせします。

報道発表資料 [PDFファイル/188KB]

奈義町住民ボランティア「なぎサポ」/矢掛町住民ボランティア「三谷ふれ愛の会」による通所付添活動がスタートします(2019年2月21日)

 介護予防体操等を行う「通いの場」に自力で行けない高齢者の方に、住民が自宅から通いの場まで付き添って、通いの場の参加を手助けする活動が、奈義町と矢掛町で始まります。この活動は、県の付添講習を修了したサポーターが、福祉施設の車両の遊休時間帯を利用して、自宅と通いの場の間を送り迎えすることにより、閉じこもりがちな高齢者の社会交流を増やし、元気になってもらうことを目指すものです。

報道発表資料 [PDFファイル/141KB]

事例紹介

全国初!福祉施設車両の遊休時間帯を活用した住民互助の付添活動の創出により市町村を伴走支援

平成30年11月28日(水曜日)に開催された「第11回先進政策創造会議」における事例発表資料です。

先進政策創造会議事例発表資料 [PDFファイル/567KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 長寿社会課 通所付添サポート事業