ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 岡山県消費生活センター 自由にやめられない。

自由にやめられない。

あなたの理解は正しいです。

契約は、当事者のお互いの意思が合致したときに成立します。商品を購入したいと思って申込み、相手がそれを承諾すれば、それが口約束だけであってもその時点で契約は成立するのです。
契約書は、後でトラブルにならないように、確かに契約したということやその内容を証拠として残すために作るものです。
いったん契約が成立すると、お互いに契約の内容を守る法的な義務が生じ、一方的に契約をやめたり、変更したりすることはできません。
契約は口約束で成立することを肝に命じて、くれぐれも慎重にするようにしましょう。

契約成立

<参考>

くらしの豆知識

情報資料室

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 岡山県消費生活センター 自由にやめられない。