ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 子宮頸がんの予防について

1

おかやまVTuberももことキビト

1

2

3


子宮頸がんを予防しましょう!

印刷用ページを表示する2019年11月27日更新

子宮頸がんは予防できるがんです。

 日本では毎年約1万人の女性が子宮頸がんにかかり、約3千人の方が亡くなっています。また近年、罹患数・死亡数ともに増加傾向にあり、特に20代から30代の若い女性で急増しています。
 多くの若い女性が子宮頸がんにかかり、妊娠ができなくなったり、命を失っている現状は非常に深刻です。

 子宮頸がんは予防できるがんです。

 子宮頸がんの予防方法は

  「HPVワクチンの接種(一次予防)」 

  「子宮頸がん検診(二次予防)」 です。

 子宮頸がんについて正しく理解し、子宮頸がんを予防しましょう!

(1)子宮頸がんについて

 最初に、子宮頸がんとはどのような病気かを知りましょう。

 1

 

(2)HPVワクチンの接種

 子宮頸がんの一次予防=「HPVワクチンの接種」です。
 HPVワクチンを接種することで、子宮頸がんを予防することが期待されます。

 2

 

(3)子宮頸がん検診

 子宮頸がんの二次予防=「子宮頸がん検診です。
 子宮頸がんは20代から急増しているので、20歳から検診を受けることが大切です。

 1

 

  

子宮頸がん予防リーフレット

 県では、救える命を救うため、子宮頸がん予防に重点的に取り組んでおり、その一つとして、予防に関して正しい知識を知って、自らがん予防に取り組んでもらうためにリーフレットを作成しました。
 子宮頸がんの予防方法は「HPVワクチンの接種」と「子宮頸がん検診」です。
 特に、HPVワクチンは公費で受けることができる定期接種ですが、現在対象者に直接お勧めしていないため、適切な情報が伝わらず、接種の機会を逃している方もおられます。
 ご家族でこのリーフレットを読んでいただき、ワクチンのメリットやデメリットを知った上で、接種するかどうかご検討ください。


娘さんを持つ保護者の方へ
  
1
   二つ折り版 [PDFファイル/2.21MB]

 

   単ページ版 [PDFファイル/2.21MB]






 

 

子宮頸がん予防に関する動画

県では、若者向けに動画を作成し、公開していますが、このたび、子宮頸がん予防に関して正しい知識を知ってもらうために、動画を作成しました。

「おかやまVTuberももことキビト」
(テーマ) 
「若い命を守る」~知ってなくそう!子宮頸がん~ (5分24秒) 
(動画の内容)
子宮頸がんの患者は20代から30代の若年層で多いことや、その予防方法として、HPVワクチンの接種(一次予防)と子宮頸がん検診の受診(二次予防)の2つの方法があることを分かりやすく伝えます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 子宮頸がんの予防について