ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 新型コロナウイルス感染症の自宅療養・宿泊療養について(目次)

新型コロナウイルス感染症の自宅療養・宿泊療養について(目次)


自宅での療養について

1) 県が実施する自宅療養へのサポート等について

 新型コロナウイルス感染症に感染された方のうち、「無症状・軽症」と診断され、かつ、入院不要と医師に診断された方には、感染拡大防止と健康管理のため、県が設置する宿泊療養施設又は自宅療養をご案内しています。
 岡山県では、自宅療養として、新型コロナウイルス感染症の療養期間には、保健所や自宅療養サポートセンターによる定期的な体調確認や体調が悪化した場合の相談受付等を行い、安心して自宅で過ごしていただくよう努めています。
(※岡山市及び倉敷市は保健所設置市であるため、それぞれの市の管轄となります。)

1 岡山県内の自宅療養者数

          自宅療養者数はこちら

 

2 自宅療養とは

無症状・軽症患者のうち、やむを得ず宿泊療養を行えない方が、ご自宅で保健所や自宅療養サポートセンターによる健康観察等の支援を受けながら療養するものです。                           

                                                         自宅

 

3 自宅療養の大まかな流れ

大まかな流れ

4 自宅療養に向けての準備

<療養環境の準備>

・生活空間
  同居される方との接触を最小限に抑えるため、生活空間を分ける(原則個別)ご対応をお願いしています。

・衛生関係
  トイレ、浴室等、同居される方との共用空間の消毒等に必要な衛生用品の準備をお願いしています。


<薬の準備>

・服用中の薬がある場合は、自宅療養中に薬が不足することがないよう、余裕をもって3週間分程度ご用意ください。
・もし足りなくなりそうな場合には、かかりつけ医の電話再診等を受けた上で、薬の処方を受けるなどしてください。
・一人暮らしで上記対応が困難な場合は、保健所にご相談ください。


<食料・日用品の準備>

・食料や日用品は原則として、ご自身でネットショッピング等外出しない方法で調達・確保をお願いいたします。ご自身で一般の配送サービスを利用される場合は、配送者と直接接触しないよう受け取り方法の配慮をお願いします(玄関前に置くなど)。
・上記による食料調達が困難な場合は、配食サービスの利用が可能です。

5 自宅療養される方の食事

食料調達が困難な場合には、療養期間に応じて、配食サービスを受けることができます。

<配食サービスについて(無料)>

・管轄の保健所から、配食サービスを受けるかを確認させていただきます。
・食事及び日用品(ティッシュ、トイレットペーパー)を提供します。
・食事は、決められたメニューが配達されます(個々のご要望にはお答えできません)。
・サービスを受ける場合、県から委託先業者に名前、住所等の個人情報を提供させていただく必要がありますので、あらかじめご承知おきください。

 

<配食サービスの注意事項>

・玄関前に置いておく「置き配」となります。配達員が来た際、玄関先には出ず、インターホン越しに対応し、玄関先に置いておくよう、配達員にお伝えください。(電話にて配達の連絡をする場合があります)
・在宅を確認できなかった場合は、再度配達を行いますので、ご承知おきください。
・アレルギー対応はできませんので、ご自身で各商品の表示をご確認ください。
・実際のサービス開始までに1~2日お時間をいただくことがございます。

 

<食料品及び日用品の内容例>

自宅療養者の希望に応じて、1又は2のサービスを無料で提供

 1  食料品・日用品の配送サービス
    (1)食料品 (3日分、5日分、7日分の3種類)
        飲料・主食・インスタント食品・缶詰・野菜・卵・果物・その他
    (2)日用品(※必ず食料品とセットで提供となります)
        トイレットペーパー・ティッシュ・石鹸・マスク・アルコール消毒液(手指消毒用)

 2  配食サービス
    次の3つのコースから選択した、1納品日7食以上の冷凍食品(パックご飯を追加することができます)
     ・カロリーケアコース
     ・塩分ケアコース
     ・たんぱくケアコース

配食1  配食2  配食3  配食4
  配食サービスで提供される食料品・日用品の例

6 パルスオキシメーター・体温計の貸出

 パルスオキシメーター(指先に装着して血中の酸素飽和濃度を測定する機器)、体温計の貸出を行っています。(※貸し出す対象者や受取り方法等について、保健所から説明がありますので、保健所の指示に従ってください。)

 

7 自宅療養中の注意事項

<療養中の注意事項>

・療養期間中は外出しないでください。
・同居する方とは生活空間を分けてください(極力個室から出ないようにしてください)。
・部屋を出入りする際はマスクを着用・こまめに手洗いし、定期的に部屋の換気も行ってください。
・鼻をかんだティッシュ等は、ナイロン袋に入れるなどして密閉して捨ててください。
・健康状態の正確な把握が困難となる恐れがあることや症状の悪化の恐れがあることから、療養中の飲酒・喫煙は厳禁です。

 

<同居する方の注意事項>

・患者の世話等での接触は最小限としてください。ただし、接触の際には、患者の様子の確認を可能な範囲でお願いします。
・できるだけ同居者全員がマスクを着用し、こまめに手洗いしてください。
・ドアノブなど患者が手で触れる部分はアルコール等で消毒をしてください。
・トイレは、患者専用が望ましいですが、共有する場合は換気を十分に行います。患者が使用した後は、便座やドアノブ、流水レバーなど手が触れる部分はアルコールなどをしみこませた不織布等で消毒を行います。
・患者の入浴の順番は最後にします。使用後は浴室の壁をシャワーで軽く流し、窓を開放することや、換気扇により、換気を行いましょう。
・食器、シーツ等は患者専用のものを用意し、共用しないでください。食器類の洗浄や衣類、リネンの洗濯は通常の洗剤で行い、しっかりと乾燥させてください。
・患者の体液が付着した衣類、シーツ等を扱う際は手袋とマスクをつけてください。
・自宅へ訪問者は受け入れないようにしてください。配達員等も極力接触しないよう配慮をお願いします。

8 療養の終了

<療養終了の目安>

療養解除は、次の3つの条件をすべて満たしていることが必要になります。
この条件により、保健所が療養終了の判断を行い、保健所から健康観察終了(療養解除)のご連絡をいたします。

・発症日から10日が経過していること
・薬剤を服薬していない状態で、症状が軽快していること
・症状が軽快してから、72時間以上経過していること

2) 市町村が実施する自宅療養者等への生活支援について (参考)

県内の一部市町村では、自宅療養者等に対する生活支援(食料品の提供等)を独自に行っております。
実施内容等、詳細については、以下の連絡先にお問い合わせください。

■自宅療養者等の生活支援を実施している市町村(令和3年11月15日時点)

 
市町村担当部署HP連絡先
総社市新型コロナウイルス感染症対策室詳細はこちら0866-92-8278
新見市総務課危機管理室詳細はこちら0867-72-6205
備前市保健課0869-64-1820
浅口市健康推進課詳細はこちら0865-44-7114
早島町健康福祉課086-482-2483
奈義町こども・長寿課0868-36-6700

 


トップページ 組織で探す 保健福祉部 新型コロナウイルス感染症対策室 新型コロナウイルス感染症の自宅療養・宿泊療養について(目次)