ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 新型コロナウイルスの影響を受けている農業者への支援について

新型コロナウイルスの影響を受けている農業者への支援について

新型コロナウイルス感染症の影響を受ける農業者等への支援策等をまとめました。

農林水産省による支援策

経営継続補助金

◆経営継続補助金(2次補正予算)2次募集
 感染拡大防止対策を行いつつ、販路回復・開拓や事業継続・転換のための機械・設備の導入や人手不足解消の取組を支援。
 対象者:農林漁業を営む個人又は法人 ※常時従業員数が20人以下
(1)1~3のいずれかを含む経営の継続に関する取組【補助率:4分の3 補助上限額100万円】
 1 販路の回復・開拓、2 生産・販売方式の確立・転換、3 円滑な合意形成の促進等
 ※補助対象経費の6分の1以上は「接触機会を減らす生産・販売への転換」「感染時の業務継続体制の構築」に要する経費に充てる必要があります。
(2)感染拡大防止の取組【補助率:定額、補助上限額50万円】

※申請には支援機関の確認書、Excelファイルが必要となります。
※岡山県内の支援機関は、各JA、岡山県農業経営相談所等です。
※1次募集の採択者が公表されました。
https://keieikeizokuhojokin.info/adopterlist.html
※2次募集が始まりました。
受付締切は、11月19日です。ただし、支援機関(JA、農業経営相談所等)の確認作業が必要となります。各支援機関に問い合わせください。
https://keieikeizokuhojokin.info/about.html
※支援機関一覧
https://keieikeizokuhojokin.info/index.html#kikan

農業労働力確保緊急支援事業

◆農業労働力確保緊急支援事業
 新型コロナウイルス感染症の拡大により人手不足となり農作業に支障が出ている農業経営体等(人手不足経営体)
に対して、代替人材として農作業の経験のある即戦力人材や他産業からの人材の受入を支援する。
・人手不足経営体が代替人材を雇用する際に必要となる掛かり増し費用等を支援
・研修機関、JA等による農業機械の操作方法研修、援農支援
・代替人材の募集を支援

制度資金

◆農林漁業セーフティネット資金等
・経営再建に必要な資金の実質無利子化・無担保化等を措置

高収益作物次期作支援交付金

◆高収益作物次期作支援交付金
・市場価格が低落する等の影響を受けた野菜、花き、果樹、茶などについて、次期作に前向きに取り組む生産者を支援

※令和2年10月12日付けで、農林水産省から全面的な事業運用の見直しが発表されました。
 詳細は下記農林水産省webでご確認ください。

経済産業省による支援策

持続化給付金

◆持続化給付金
 農業者、農業法人(農事組合法人を含む)等で新型コロナウイルス感染症拡大の影響により売上が前年同月比50%以上減少している事業者。
 法人は200万円以内、個人事業者は100万円以内を支給。

家賃支援給付金

◆家賃支援給付金
 売上の減少に直面する事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃(賃料)の負担を軽減します。個人・法人を問わず、農林漁業者も広く対象となる制度です

その他の支援策

小学校休業等対応助成金

新型コロナウイルス感染症により小学校等が休校になった保護者(労働者)に対し、有給の休暇を取得させた事業主に助成金が支給されます。(農業経営者の皆様も対象となります。)

外国人労働者・技能実習生

税制

 農業者の経営課題に向き合い、経営相談や専門家による支援チームで農業者の経営発展をサポートします。
 電話 086-297-2016 

岡山県農業経営相談所

支援策チラシ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 農林水産部 農産課 新型コロナウイルスの影響を受けている農業者への支援について