ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 人口(きっずぺーじ)

人口(きっずぺーじ)

人口


1 岡山県(おかやまけん)総人口(そうじんこう)の推移(すいい)
 
岡山県に住(す)んでいる人の数は、昔(むかし)とくらべて増えているのかな?
いったい何人の人たちが、岡山県に住んでいるんだろう?


2 岡山県の人口ピラミッド
 
岡山県に住んでいる人の数を年齢別(ねんれいべつ)に見てみよう。

※人口ピラミッドって?
その地域(ちいき)に住んでいる人を男女別、年齢別に分けてグラフにあらわしたものです。(昔はピラミッドに似(に)た形のグラフとなっていました。)


3 出生数(しゅっせいすう)と合計特殊(とくしゅ)出生率の推移
 
いま、子供(こども)は何人くらい生まれているのかな?
また、女の人は一生でどのくらいの子供を産(う)んでいるのかな?

※合計特殊出生率って?
1人の女の人が一生に産むと考えられる子供の数を平均(へいきん)したものです。


4 産業別就業者(さんぎょうべつしゅうぎょうしゃ)割合(わりあい)の推移
 
岡山県では、どんな仕事(しごと)をしている人が多いのかな?

※産業って?
人が生活していくためにする仕事のことです。

※就業者って?
仕事をしている人のことです。

 

1 岡山県(おかやまけん)総人口(そうじんこう)の推移(すいい)

岡山県人口の推移
資料(しりょう):国勢調査報告(こくせいちょうさほうこく)
 (総務省(そうむしょう))

岡山県の総人口は最初(さいしょ)の国勢調査(こくせいちょうさ)が実施(じっし)された大正9年には121万7,698人でしたが、90年後の平成(へいせい)27年には192万1,525人となり、約(やく)1.6倍(ばい)となっています。
 
男女別(べつ)に見ると、どの年も女性(じょせい)の方が多く、平成27年には男性(だんせい)92万2,226人、女性99万9,299人でした。

平成27年の日本の人口は、1億2,709万4,745人でした。
 都道府県別(とどうふけんべつ)に人口をみると、岡山県は20番目でした。

ダウンロード(男女別人口の推移) [Excelファイル/36KB]

2 岡山県(おかやまけん)の人口ピラミッド

昭和30年の人口ピラミッド
資料(しりょう):国勢調査報告(こくせいちょうさほうこく)
 (総務省(そうむしょう))

この人口ピラミッドでは、左側(ひだりがわ)のグラフは男性(だんせい)、
右側(みぎがわ)のグラフは女性(じょせい)をあらわしています。
 また、それぞれの人口を5歳(さい)ごとに分けて、上下にあらわしています。

昭和55年の人口ピラミッド
資料(しりょう):国勢調査報告(こくせいちょうさほうこく)
 (総務省(そうむしょう))

昭和(しょうわ)30年の人口ピラミッドは、年齢(ねんれい)が上がるにつれて人口が減少(げんしょう)する「ピラミッド型(がた)」でしたが、
年少人口の減少により、昭和55年には「つりがね型」となっています。

平成27年の人口ピラミッド
資料(しりょう):国勢調査報告(こくせいちょうさほうこく)
 (総務省(そうむしょう))

平成27年の年齢別(べつ)人口を見ると、0歳から14歳までの年少人口は24万7,890人、15歳から64歳までの生産(せいさん)年齢人口は109万8,140人、65歳以上(いじょう)の老年(ろうねん)人口は54万876人となっています。

岡山県の人口ピラミッドは、平成27年には「紡錘(ぼうすい)型」となっています。

 

ダウンロード(人口ピラミッド) [Excelファイル/59KB]

 

3 出生数と合計特殊出生率(とくしゅしゅっしょうりつ)の推移(すいい)

出生数と合計特殊出生率


資料(しりょう):人口動態統計(じんこうどうたいとうけい)
  (厚生労働省(こうせいろうどうしょう))

出生数は平成(へいせい)元年には1万9,404人でしたが、平成30年には1万4,485人にまで減少(げんしょう)しています。
 
合計特殊出生率とは、ひとりの女の人が一生に産(う)むと考えられる子供(こども)の数を平均(へいきん)したものです。
 
人口が減少しないようにするには、合計特殊出生率が 2.08以上(いじょう)でなければならないといわれています。
 
岡山県(おかやまけん)の合計特殊出生率は、平成元年には1.67でしたが、平成17年には1.37まで下がりました。平成30年は平成17年よりは高くなって、1.53となりましたが、2.08にはぜんぜんとどきません。このままの合計特殊出生率が続(つづ)くと、岡山県の人口はだんだん減少するでしょう。

 
また全国(ぜんこく)の合計特殊出生率は岡山県(おかやまけん)よりも低(ひく)く、平成30年には1.42となっています。

ダウンロード[Excelファイル/798KB]

 

4 産業別就業者(さんぎょうべつしゅうぎょうしゃ)割合(わりあい)の推移

産業別就業者割合の推移

資料(しりょう):国勢調査報告(こくせいちょうさほうこく)
 (総務省(そうむしょう))

 

岡山県(おかやまけん)の平成(へいせい)27年の産業別就業者数と全体(ぜんたい)に占(し)める割合(わりあい)は、

 第1次産業(だいいちじさんぎょう)   4万1,206人  4.8%
 第2次産業(だいにじさんぎょう)   23万 4,984人 27.4%
 第3次産業(だいさんじさんぎょう)  58万0,527人 67.8% でした。
 
昭和(しょうわ)50年から5年ごとにグラフにしてみると、第3次産業が年々増加(ぞうか)しているのにくらべて、第1次産業は年々減少(げんしょう)しています。
 
第2次産業の割合は、平成7年以降(いこう)減少し、平成17年からは20%台になりました。

※第1次産業って?
農業(のうぎょう)、林業(りんぎょう)、水産業(すいさんぎょう)という産業があります。
  たとえば、農作物(のうさくぶつ)を作る仕事(しごと)、木を切ったり育てたりする仕事、魚や貝をとる仕事などです。

※第2次産業って?
鉱業(こうぎょう)、建設業(けんせつぎょう)、製造業(せいぞうぎょう)という産業があります。
  たとえば、石を切り出したり、金属(きんぞく)や石炭(せきたん)を掘(ほ)る仕事、家やマンションなどの建物(たてもの)を建てる仕事、服(ふく)や電器製品(でんきせいひん)や自動車(じどうしゃ)などを作る仕事などです。

※第3次産業って?
電気・ガス・水道業(すいどうぎょう)、運輸(うんゆ)・通信業(つうしんぎょう)、卸売(おろしうり)・小売業(こうりぎょう)・飲食サービス業(いんしょくさーびすぎょう)、金融(きんゆう)・保険業(ほけんぎょう)、不動産業(ふどうさんぎょう)、サービス業(ぎょう)、公務(こうむ)という産業があります。
  たとえば、電気やガスを販売(はんばい)する仕事、遠くまで人や物(もの)を運(はこ)ぶ仕事、スーパーや百貨店(ひゃっかてん)、レストランや食堂(しょくどう)、銀行(ぎんこう)、土地や建物を売る仕事、病院(びょういん)、ゲームセンター、遊園地(ゆうえんち)、学校、県庁(けんちょう)、市役所(しやくしょ)などでの仕事が含まれます。

ダウンロード [Excelファイル/48KB]

 


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 人口(きっずぺーじ)