ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
岡山県警トップ メニュー > 新着情報 > 令和5年岡山県警察嘱託犬及び同指導者の募集について

令和5年岡山県警察嘱託犬及び同指導者の募集について

 岡山県警察では、岡山県内の各地で発生する事件・事故の捜査や行方不明者の捜索活動など、警察活動にご協力いただける警察犬を募集します。
 応募していただいた犬は、岡山県警察嘱託犬審査会に参加していただき、警察嘱託犬としての適性を審査します。

募集期間

 令和4年9月20日(火曜日)から9月30日(金曜日)までの間

申請方法

 申請書を最寄りの警察署刑事課鑑識係でお受け取りください。
 申請用紙に必要事項を記入の上、血統書の写しとともに、住所地を管轄する警察署刑事課鑑識係へ提出してください。
 なお、血統書の発行を受けていない犬及び再受審の犬については、血統書の写しを提出する必要はありません。

審査会開催日

 令和4年11月7日(月曜日)
     予備日 11月10日(木曜日)

審査会開催場所

 総社市真壁・井尻野地内 高梁川河川敷グラウンド

審査種別

一般捜索犬

 服従、臭気選別、足跡追及の3種目を審査します。

地域捜索犬

 服従、地域捜索の2種目を審査します。

死体捜索犬

 服従、死体捜索の2種目を審査します。

審査種目

服従

 脚側停座、行進(常歩、駆足、緩歩)、伏臥、立止、招呼、飛越、持来、前進、遠隔操作、休止等を実施する。
※ 審査中はリードの使用を禁止する。

臭気選別

 台上に置いた臭気布(5点)の中から、原臭と同じものを選別する。
 実施回数は3回とし、1回目は指導者臭を使用して実施する。
※ 審査中はリードの使用を禁止する。

足跡追及

 仮想犯人の足跡又は遺留品を原臭として、逃走経路を追及するとともに、途中に投棄された遺留品等を捜索の上、発見する。
※ 捜索綱を装着して受審すること。

地域捜索

 仮想行方不明者の着衣等を原臭として、指定された範囲内を捜索の上、物陰等に潜んでいる行方不明者を発見する。
※ 審査中はリードの使用を禁止する。

死体捜索

 埋没している腐敗肉片(死体臭を想定)を指定された範囲内で捜索の上、発見する。
※ 審査中はリードの使用を禁止する。