ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 知事記者会見 2019年8月5日知事記者会見

2019年8月5日知事記者会見

会見写真

AIG全英女子オープンにおいて、渋野日向子選手が優勝

 おはようございます。
 このたびのAIG全英女子において、見事優勝をされました、岡山県出身、渋野日向子選手に対しまして、岡山県スポーツ特別顕賞を贈呈したいと、このように考えているところでございます。

質疑応答

知事)
 3番で4パットですか、往復ビンタをくらった時には、これまでとは全然違うな、さすがに最終日最終組、メジャーの重圧っていうのはすごいものなんだろうなって思ったんですけれども、あそこで崩れなかったっていうのは大きかったですよね。
 次の4番でも、微妙なのを外したんですけど、でもタッチはそのままでしたし、次の5番がセカンドショットを途中でスイングが崩れて随分外れていったんですけど、やっぱりスイングも乱れるのかなって思ったら、すごいいいキックで戻ってきて、ブハイの内側につけて、ラインを教えてもらって、あれを入れたという。ボギーでもおかしくないところで、バーディーを取って、あれで生き返ったんじゃないかなと。私は個人的に5番で生き返ってから、その後もボギーを取ったりもしましたけど、インに入ってから怒濤の、随分人が変わったように、追いかけるようになったのが良かったのかもしれませんけど、12番の短いPAR4、クリークが有って、これまで安全にやってたのを、あそこでワンオン狙い挑戦をして、もうちょっと右にずれていたら池に落ちて、ここで多分終わってたと思うんですけど、ぎりぎりで残って、そこでバーディーにして、13番で入れて、これで追いついて、また突き放されて、15番で長いのを入れて、また追いついて、それで最後18番の長いパットを、向こう側にバンと当てていましたから、もし蹴られたり、外れていたら、急行が通過するみたいに向こうに行って、本人も入るか3パットかって言っていましたけど、危ない橋を何度も渡って、最後までのびのび勝ちきりましたし、おかしポリポリ食べながら笑顔でハイタッチもしていましたし、すごいよなって。
 私自身、日本でもアメリカでも何回かプロアマに出たことがあるんですけど、プロアマの時っていうのは、特にアメリカでは、非常にプロ選手盛り上げてくれるんですけど、ファンサービスに努めてくれるんですけども、プロアマの盛り上げ上手なアメリカのプロでも、あんな愛想良くないですね。人生懸かった勝負の最終日で、あんなニコニコ笑いながら、ハイタッチしながら勝つって、私は驚きましたし、そんなすごい選手が岡山の出身だっていうのが、本当に誇らしく思います。
 去年の豪雨災害もあって、岡山は特に明るいニュースを今必要としているときに、こんな素晴らしいニュースを、こんな明るいキャラクターの選手が取ってくれた、ニュースをもたらしてくれた。本当にありがたいと思っています。
 日本に凱旋する、私は岡山にも凱旋してくれると思っていますけど、岡山県民を上げて歓迎したいと思っています。どういう形で凱旋するのか、所属のRSK、もしくはゴルフ協会ですとか、いろんな段取りをされるでしょうけど。

記者)
 スポーツ特別顕賞を授与されるということですけど、改めて感動とか夢を与えるとか色んな基準があるが、贈る理由というのは。

知事)
 岡山県民に夢と感動を与えたと、その1点であります。

記者)
 先程豪雨の事をおっしゃいましたけど、渋野選手の出身地の平島が豪雨で被害を受けているなかで、こういう快挙というのが、被災地に対してどのように影響を与えるといいますか、お考えを。

知事)
 何にも無くても皆さん大喜びのところ、豪雨災害で痛手を受けた岡山県から、特に豪雨災害で直接被害を受けた平島の出身で、小学校も中学校も平島と伺っておりますので、地元の方からすると、元気が出るんじゃないかなと思います。

記者)
 改めてですが、知事は中継を最後まで見られた。

知事)
 月曜日も大事な用事があるので、優勝の可能性が無くなったらそのまま寝ようと思って、寝室のテレビで見ていた。3番でもうこれで終わったかな、寝てもいいのかなって、そうは言っても、優勝争いはしてるわけですから、それから10番辺りから目が冴えてきた。

記者)
 最後まで。

知事)
 あ、そうですね。びっくりしましたね。

記者)
 ずっと中継といいますか、番組の中でも岡山県というのを、岡山市ですね、ずっと岡山、岡山と言われていたと思うんですけど、彼女の活躍が、今回の岡山の知名度アップにどのように貢献したと思いますか。

知事)
 岡山県というのは、来られた方にとってみれば、良い所ですよね、綺麗ですよね、美味しいですよね、っていう所なんですけど、なかなか知名度が上がらない場所なだけに、こうやって世界的に有名になる、スマイルシンデレラですから、シンデレラガールが出てくるっていうことで、岡山全体にとって、いろんないい影響があるんじゃないかと。
 これから彼女がずっと、ゴルフって活躍する人は長く活躍しますので、10年、20年と活躍してくださると、本当に岡山県にとっての財産なのかなって思います。本当にありがたいです。

記者)
 今回の優勝を受けて改めての、彼女へのメッセージは、どういうことになりますでしょうか。

知事)
 本当おめでとうございます。岡山県民のみならず、日本中が興奮しながら中継を見ていたことと思います。しかもあの笑顔で、あれだけファンサービスをしながら勝ちきった。すごいことだと思います。
 カメラ目線で駄菓子をかじっている。初めて見たって中継で言っていましたけど、本当にそうです。普通ガチガチで立っていられないとか、手が震えるっていうことになりそうなのに、楽しそうに、実際は緊張していたと思うんですけど、すごいと思います。本当に素晴らしいキャラクターが世界デビューをしたなって嬉しく思います。

記者)
 どういう声をかけたいですか。

知事)
 おかえりっていうふうに言いたいですよね。よく頑張ったよね。お疲れさまって感じです。

記者)
 最後、パットを18番ですね。おっしゃられたように、崩れるんじゃないかとか、色々な心理的なプレッシャーとかあると思うんですけど、勝因というのは知事はどう見られていますか。

知事)
 あの無邪気さというか、あのまっすぐなキャラクターっていうのは、すごくいい方に働いたんじゃないかなと思います。
 普通の選手だったら、ガチガチになって普段のプレイが出来なくなるってよくある話で、皆さんもそうだと思いますが、私なんか後ろのパーティーが来て、ショットを見られるだけでちょっと狂うぐらいですから、初海外、初メジャーの初めての最終組ですから、それは大変なんです。あの天真らんまんなお人柄っていうのが大きかったと思います。
 最終日の前のインタビューで、明日は攻めていきます。欲張らず。なんで攻めてるのに欲張らないんだろうとか、そのプロなんだけど、アマチュアの良いところを残しているみたいなところがありますよね。ぜひ、あのまままっすぐどんどん活躍してもらえればと思います。
 
司会)
 それでは以上をもちまして、知事臨時記者会見を終了いたします。

知事)
 ありがとうございました。

トップページ 知事記者会見 2019年8月5日知事記者会見