ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 教育委員会 > 岡山県教育委員会の進める働き方改革

本文

岡山県教育委員会の進める働き方改革

印刷ページ表示 ページ番号:0771391 2024年1月19日更新教職員課

県立学校の教育職員の業務量の適切な管理等に関する規則・方針

 県教育委員会では、「岡山県立学校の教育職員の業務量の適切な管理等に関する規則」及び「県立学校の教育職員の業務量の適切な管理その他教育職員の健康及び福祉の確保を図るために講ずべき措置に関する方針」を策定しました。

令和4~6年度 学校における働き方改革 重点取組

 県教育委員会では、令和4年度から令和6年度までの3年間で時間外在校等時間を15%以上削減することを目標とした「令和4~6年度 学校における働き方改革 重点取組」を策定しました。

保護者・地域関係者向け動画・チラシ等

 県教育委員会では、保護者・地域関係者等の理解を得ながら、学校における働き方改革を一層推進させるため、保護者・地域関係者向け動画やチラシ等を作成しました。

働き方改革通信

 県教育庁教職員課では、学校現場における働き方改革を進めていく上で、ぜひ取り組んでいただきたい内容や、モデル校での取組事例などをお伝えする「働き方改革通信」を発行することとしました。

教育委員会における学校の働き方改革のための取組状況調査(文部科学省調査)

 文部科学省が、各教育委員会や学校における働き方改革の進捗状況を明確にし、市区町村別の公表等や優良事例の展開を通じて、働き方改革の取組を促すことを目的に公表する「教育委員会における学校の働き方改革のための取組状況の調査結果」について、岡山県の結果を掲載します。

岡山県教育委員会働き方改革プラン

 県教育委員会では、平成29年度から平成31年度までの3年間で時間外業務を現状よりも25%削減することを目標とした「岡山県教育委員会働き方改革プラン」を策定しました。