ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

情報通信部 -Police Info-Communications -

【情報通信部の業務】 -Mission-

 警察の情報通信部門では、全国のあらゆる事件、事故又は災害の発生時に直ちに対応できるよう、警察の「神経系統」である情報通信基盤を整備し、24時間体制で運用しています。
 
 具体的には、独自に整備・維持管理している無線多重回線、電気通信事業者の専用回線、衛星通信回線等により構築される全国的なネットワークにより、警察庁・管区警察局・都道府県警察本部・警察署・交番等を結ぶなど、各種の通信システムを構築することにより、パトカーや警察官の無線通信などの警察業務で不可欠な情報の伝達を実現しています。東日本大震災においても、電気通信事業者回線が不通となる中、警察情報通信はその機能を維持しました。
 
 また、指名手配被疑者・行方不明者・盗難車両等に関する情報を警察庁に登録することにより、警察官からの照会に即時に回答するなどの警察情報管理システムを全国に構築することで、第一線の警察活動を支えるとともに、迅速な警察行政に貢献しています。
 
 さらに、最近の急速な情報社会の進展に伴い、電子機器があらゆる犯罪に利用されるとともに、サイバー犯罪・サイバー攻撃といったサイバー空間の脅威も増大していることから、これらについても技術的な面から対処しています。
通信設備等

【情報通信部の組織】 -Organizations-

 警察の情報通信部門は、全て国家公務員である警察庁職員が担当します。そのため、各都道府県に警察庁の地方機関として情報通信部が設置され、都道府県警察と協力し活動しています。
 
 岡山県情報通信部は、岡山県警察と協力し、岡山県警察の活動を支援することを主な業務としています。
仕事風景

【関連ページ】 -Link-