ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 住居確保給付金について

住居確保給付金について

住居確保給付金について

制度の概要

 離職者等により経済的に困窮した者であって、就労能力及び就労意欲のある方のうち、住宅を喪失した方又は喪失するおそれのある方を対象として、家賃相当分の住居確保給付金を支給するとともに、自立相談支援機関による就労支援等を実施し、住居及び就労機会の確保に向けた支援を行います。

支給対象者の要件

 次の8つの要件全てに該当する方が対象となります。
(1) 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者又は住居喪失のおそれがある
(2) 申請日において、離職等の日から2年以内である
(3) 離職時に、主たる生計維持者であった(離職時には主たる生計維持者ではなかったが、その後離婚等により、申請時には主たる生計維持者となっている場合も含む。)
(4) 申請日の属する月の、申請者及び申請者と同一の世帯に居住し生計を一にする者(以下「同居者」という。)の収入の合計額が収入基準額の金額以下である(収入には、公的給付を含む)
(5) 申請日において、申請者及び同居者の預貯金等の合計額が「基準額×6」以下であること
(6) ハローワークに求職の申込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと
(7) 国の雇用施策による貸付(職業訓練受講給付金)及び地方自治体等が実施する類似の給付等を、申請者及び同居者が受けていないこと
(8) 申請者及び同居者のいずれもが暴力団員でない
 
 ※ハローワークでの月2回以上の職業相談等を受ける、自立相談支援機関での月4回以上の面接等の支援を受ける、求人先へ原則週1回以上応募等することなど、誠実かつ熱心に就職活動等を行うことが必要です。

支給額

 ○月収が基準額(下記の表)以下の方は、住居確保給付金支給額は家賃額※

 ○月収が基準額(下記の表)を超える方は以下の数式により算定された額となります。
  
   住居確保給付金支給額 = 家賃額※ -(月の世帯の収入合計額-基準額)
     
 ※家賃額は生活保護の住宅扶助基準に基づく額(地域によって異なる)を上限

支給期間

 3ヶ月間
 ※一定の条件により3ヶ月間の延長及び再延長が可能。

支給方法

 住宅の貸主等へ代理納付

基準額等

基準額の目安(単位:千円)
世帯人数

岡山市

倉敷市

玉野市

左記以外

の市町村

1人世帯 84 81 78
2人世帯130123115
3人世帯172157140
4人世帯214194175
5人世帯255232209
6人世帯297269242
7人世帯334306275
収入基準額の目安(単位:千円)
世帯人数岡山市倉敷市玉野市

左記以外

の市町村

1人世帯121119116109
2人世帯174172165152
3人世帯220218202180
4人世帯262260239215
5人世帯303301277249
6人世帯349346318285
7人世帯392389360323

受付窓口(相談窓口)

 詳しくは、お住まいの市町村福祉事務所の自立相談支援期間の相談窓口へお問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 住居確保給付金について