ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 サワラ資源回復について ~漁業者による取り組み~

サワラ資源回復について ~漁業者による取り組み~

 瀬戸内海のサワラ資源が非常に減少したため、国はサワラ資源回復計画を策定し、瀬戸内海のサワラ資源を利用する11府県(和歌山、大阪、兵庫、岡山、広島、山口、福岡、大分、愛媛、香川、徳島)が連携して、様々な取り組みを、平成14年度から始めました。その結果、回復計画が終了した平成24年以降、サワラの資源量は目標とした5,800トンを上回っており、現在も国と11府県で連携しながら、資源管理を継続しています。

1.サワラ流し網漁業の網目の拡大

 小さいサワラを漁獲しないように、網の目合いの大きさを10.6cm以上にしています。
 岡山県ではこの取り組みを、県東部地区では平成8年から、岡山県全体では平成10年から行っています。

2.漁獲努力量の制限

漁業種類ごとに期間を定めて、漁獲努力量(操業隻数×操業日数)の上限を設定し、設定値を超えない範囲で操業しています。
令和元年度 岡山県の漁獲努力量の上限
サワラ流し網6,705 隻・日
サワラ船曳網   74 隻・日

3.休漁期の設定

 岡山県海域では、流網漁業で9月1日~9月30日の間、ひき釣り漁業では9月1日~11月30日の間の操業を禁止しています。

4.受精卵放流の実施

成熟したサワラが漁獲された時には、船上で人工的に受精させて海に放流しています。

  受精卵放流についての詳しい説明はこちらから

5.中間育成の実施

 瀬戸内海海域栽培漁業推進協議会により種苗生産された全長35mmのサワラ種苗を全長70mmになるまで育ててから放流しています。
 サワラ資源の回復のために、岡山県も様々な取り組みを行っています。
  →岡山県についての取り組みはこちらから

トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 サワラ資源回復について ~漁業者による取り組み~