ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 地域公共交通の利用促進に向けた取組について

地域公共交通の利用促進に向けた取組について

公共交通情報のデジタルデータ化を進めています

MaaSの推進

MaaS(マース)とは、Mobility as a Service(直訳は「サービスとしての移動」)の頭文字を取った造語で、いろいろな移動手段をひとまとめにして、「一つの輸送サービス」として提供しようという取組のことです。
地域公共交通の利便性向上と利用促進に役立つと期待されていることから、岡山県ではMaaSの推進に積極的に取り組んでいます。

公共交通情報のオープンデータ化の推進

パソコンやスマートフォンで、近くのバス停やタクシー乗り場を探したり、目的地までの経路を検索したりできるよう、岡山県内の地域公共交通機関に関する情報をデジタルデータ化し、公表する取組を進めています。

みんなで公共交通機関を利用しましょう!

いま、地域の公共交通機関が大変な危機にあることをご存知ですか?
自家用車の普及や少子化・高齢化の影響により、公共交通機関の利用者数は、どんどん少なくなっています。
地域の大切な移動手段である公共交通機関を守るため、ぜひ、積極的な利用をお願いします。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 県民生活部 県民生活交通課 地域公共交通の利用促進に向けた取組について