ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 岡山県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業

岡山県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業

 県では、将来子どもを産み育てることを望む小児・AYA世代のがん患者の方々が、希望をもってがん治療等に取り組めるように、将来子どもを出産することができる可能性を温存するための妊孕性温存療法に要する費用を一部助成する事業を実施します。

助成の対象

対象者

・卵子等の凍結時に43歳未満の方
・助成金の申請時に岡山県内に在住の方

対象となる原疾患(がん等)の治療内容

・「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン」(日本癌治療学会)の妊孕性低下リスク分類に示された治療のうち、高・中間・低リスクの治療
・長時間の治療によって卵巣予備能の低下が想定されるがん疾患:乳がん(ホルモン療法)等
・造血幹細胞移植が実施される非がん疾患:再生不良性貧血、遺伝性骨髄不全症候群(ファンコニ貧血等)、原発性免疫不全症候群、先天代謝異常症、サラセミア、鎌状赤血球症、慢性活動性EBウイルス感染症等
・アルキル化剤が投与される非がん疾患:全身性エリテマトーデス、ループス腎炎、多発性筋炎・皮膚筋炎、ベーチェット病等

対象となる妊孕性温存療法に係る治療

・胚(受精卵)凍結に係る治療
・未受精卵子凍結に係る治療
・卵巣組織凍結に係る治療(組織の再移植を含む)
・精子凍結に係る治療
・精巣内精子採取術による精子凍結に係る治療

助成金申請の流れ

岡山県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業実施要綱

 本事業に係る実施要綱はこちらです。

各種様式

がん等の患者の方が記入するもの

 本事業による助成を御希望の方は、次の「様式第1-1号」に記入の上、必要書類と併せて県に申請してください。

妊孕性温存療法を実施する医療機関に記入をお願いするもの

 「岡山県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業実施要綱」で示す対象者要件を満たす者に対し、妊孕性温存療法を実施し、治療費を徴収したことの証明書です。

がん等の治療を実施する医療機関に記入をお願いするもの

 本事業の対象となる生殖機能が低下する又は失う恐れのある原疾患治療を実施したことの証明書です。

本事業における指定医療機関の指定を希望する医療機関の方はこちら

 本事業における指定医療機関の指定を希望する医療機関は、次の「様式第2号」に記入の上、県に申請してください。

指定医療機関一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 医療推進課 岡山県小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業