ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 食品の営業届出制度について(令和3年6月1日施行)

食品の営業届出制度について(令和3年6月1日施行)

 平成30年6月13日に食品衛生法等の一部を改正する法律が公布され、令和3年6月1日から食品の営業許可制度が開始されました。

営業届出制度とは

原則、全ての食品等事業者にHACCPに沿った衛生管理が義務付けれらたことに伴い、営業許可の対象となっていない業種を営む営業者は、一部の届出対象外の営業者を除き、管轄の保健所に届出をする必要があります。

届出に必要な内容は、届出者氏名、施設の所在地、営業の形態、主として取り扱う食品等に関する情報、食品衛生責任者の氏名です。

確認フローチャート

フローチャート

A 営業許可業種(32業種)

許可業種

B 届出対象業種

届出業種

C 届出対象外業種

対象外業種

経過措置について

経過措置
 令和3年6月1日以降から手続きが必要となります。不明な点がありましたら、次の営業施設を管轄する保健所にご相談ください。

営業届出方法について(食品衛生申請等システムを使用します)

営業届出方法について(紙面での届出を希望される方)

紙面での届出を希望される方は、以下の様式に必要事項をご記入のうえ、管轄する保健所へ提出してください。

食品衛生責任者養成講習会について

 食品衛生責任者は、講習会を受講する必要があります。(ただし、栄養士、調理師、製菓衛生師等の資格をお持ちの方は受講が免除されます。)

農業・採卵養鶏業・水産業等の許可・届出等の要否について

 農業・採卵養鶏業・水産業等については、食品衛生法上の許可及び届出等の対象外と整理されます。詳しくは以下のページをご覧ください。

食品許可制度チラシ

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 食品の営業届出制度について(令和3年6月1日施行)