ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 地域猫活動の支援について

地域猫活動の支援について

地域猫活動の支援について(お知らせ)

 飼い主のいない猫(野良猫)による糞尿被害や敷地内での出産などで迷惑している人、お腹を空かせてかわいそうとの思いからエサをあげている人、共通の思いはそのような猫を減らしたいということだと思います。

 野良猫を排除するのではなく、野良猫問題を地域の生活環境問題としてとらえ、地域住民が主体となって適切に管理していく「地域猫活動」が、推奨されています。

 動物愛護センターでは、野良猫に起因する問題を減らすことを目的に、地域猫活動に主体的に取り組む団体等を対象に「岡山県地域猫活動支援事業」を実施しています。

対象地域

 岡山県内(岡山市及び倉敷市を除く)

支援内容

  • 地域猫活動に関する専門的な知識及び啓発資材の提供
  • 地域猫活動における不妊去勢手術の実施

地域猫活動とは

 地域住民が主体となり、周辺住民の合意を得た上で、地域にいる飼い主のいない猫(野良猫)の不妊去勢手術を行い、エサのやり方や糞の始末などに関するルールを定めて継続的に管理することで、一代限りの生を全うさせ、猫による被害や産まれてくる不幸な子猫の数を減らし、人と動物が共生できる地域にしていく活動です。

 地域猫活動の具体的な進め方などについては、パンフレットをご確認ください。

 

 岡山県では、猫の正しい飼い方や飼い主としての責務、飼い主のいない猫に対する対策について明確にするため、「岡山県猫の適正飼養ガイドライン」を作成しました。この中でも「地域猫活動」を推奨しています。

地域猫活動の支援を受けたい方へ

 「岡山県猫の適正飼養ガイドライン」に即した地域猫活動を行いたいと考えている団体等に対して、必要な協力を行います。

 地域猫活動に関する専門的な知識及び啓発資材の提供については、動物愛護センターへお問い合わせください。

 地域猫活動における不妊去勢手術支援を受けたい場合は、次の条件を満たす団体等(以下「活動団体」という)が行う地域猫活動の実施計画について、動物愛護センター所長の承認を受ける必要があります。

[団体等の条件]

  • 問題となっている飼い主のいない猫が住みついている地域又はその周辺に居住する住民を中心に構成されていること。
  • 同一の世帯ではない2名以上で構成されており、代表者がいること。
  • 活動内容が明確であり、地域の理解を十分に得るための継続的な周知活動を行うことが出来ること。

 

不妊去勢手術の支援の流れ

 

 地域猫活動団体として承認を希望される方は、「岡山県猫の適正飼養ガイドライン」をご覧になり、次のチェックリストの内容がクリアできるかご確認ください。チェックリスト [PDFファイル/91KB] チェックリストの内容がクリアできる場合は、「地域猫活動実施計画承認申請書(様式第1号)」を動物愛護センターへ提出してください。

※書類を提出する前に、必ず動物愛護センターに詳細をお問い合わせください。

地域猫活動における不妊去勢手術の実施支援について

 地域猫活動団体として動物愛護センターの承認を受け、管理対象猫の不妊去勢手術を希望する場合は、動物愛護センターと搬入する日時等の調整を行い「地域猫不妊去勢手術実施申請書(様式第3号)」を提出してください。また、手術に伴い猫保護器の貸出を希望する場合は、「猫保護器貸出申請書(様式第6号)」を提出してください。

※書類を提出する前に、必ず動物愛護センターに詳細をお問い合わせください。

地域猫活動の変更及び報告について

 動物愛護センターの承認を受けた地域猫活動団体等は、実施計画に変更が生じた場合は「地域猫活動実施計画変更届(様式第2号)」により動物愛護センターへ報告してください。また、実施計画の進捗状況について、支援が継続中の場合は半年ごと、支援が完了※した場合はその時点で「地域猫活動実施報告書(様式第5号)」により動物愛護センターへ報告してください。

※支援の完了:管理対象猫の全てが、不妊去勢手術の処置を終了した場合

 

事例紹介

地域猫活動の事例紹介

猫を飼われている方へお願い

 地域猫活動では、不妊去勢手術を施すため飼い主のいない猫の保護をしています。

 もちろん、飼い主のいる猫を管理対象猫とすることがないよう注意して活動を行いますが、飼い猫かどうかの判断が難しい場合があります。

 飼い猫であることがわかる首輪や迷子札の装着など所有者明示措置をし、事故や病気の感染を防ぐためにも屋内飼養をしていただくようお願いします。

 また、屋外飼育をしている猫で不妊去勢手術をしていない場合、他の猫と交配をし、飼い主のいない不幸な子猫を増やすことにもなりかねません。産まれてくる子猫に責任が持てない場合は不妊去勢手術を受けさせましょう。

地域猫活動についての問い合わせ先

 岡山市・倉敷市を除く岡山県内において地域猫活動を実施したいと考えている場合は、下記にお問い合わせください。

 岡山県動物愛護センター 電話:086-724-9512

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 動物愛護センター 地域猫活動の支援について