ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

津山地域の野菜 きゅうり

きゅうり

 津山地域のきゅうりは、久米南町を中心に全域で栽培されています。久米南地区にはJAつやま久米南キュウリ部会があり、平成29年度現在40戸、5.5haで栽培しており、岡山県産きゅうりの4割以上を生産する県下一の産地となっています。
 露地栽培中心ですが、ハウス栽培者も5戸います。品種は、露地は「艶香」、「TCU-093」「SR26」等、ハウスは「兼備2号」です。簡易なかん水設備である、拍動かん水装置(日射制御型含む)を20戸が導入し、かん水と施肥の省力化を図っています。

 収穫されたきゅうりは、久米南町にある共同選果場でカメラ選果機による選別を行い、県内市場へ出荷しています。 
 一部でハートや星形きゅうりを作成したり、小学生に対する食育活動を行い、産地のブランド化を進めています。

露地きゅうり栽培の様子 共同選果場

  露地きゅうり栽培の様子          カメラ選果による共同選果

ハートと星形のきゅうり 食育

      ハートと星形のきゅうり           小学生への食育活動