ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 漁業(きっずぺーじ)

漁業(きっずぺーじ)

漁業


1 漁業生産量(ぎょぎょうせいさんりょう)の推移(すいい)
 
瀬戸内海(せとないかい)に面(めん)している岡山県(おかやまけん)は、いろいろな種類(しゅるい)の魚がたくさんとれるんだって。一体どれくらいの量(りょう)の魚がとれるんだろう?
  また、それは毎年、どのように変(か)わっていっているんだろう?

2 漁業生産量内訳(うちわけ)
 
岡山県の海や川や湖(みずうみ)でとれる魚って、どんなものがあるのだろう?
  また、それは1年間にどれくらいとれるのかな?

 

1 漁業生産量(ぎょぎょうせいさんりょう)の推移(すいい)

漁業生産量の推移漁師
資料(しりょう):漁業・養殖業生産統計(ぎょぎょう・ようしょくぎょうせいさんとうけい)
 (農林水産省(のうりんすいさんしょう))

岡山県(おかやまけん)の漁業生産量は、平成(へいせい)30年は2万6,411トンでした。

※トン(t)って?
量をあらわす単位(たんい)で、ここでは1,000キログラム(kg)のことです。

※海面漁業(かいめんぎょぎょう)って?
海で魚や貝などをとる仕事(しごと)のことです。

※内水面漁業(ないすいめんぎょぎょう)って?
川、湖(みずうみ)、池など、陸地(りくち)の中にある水面(すいめん)で、魚や貝などをとる仕事のことです。

※養殖業(ようしょくぎょう)って?
人の力で魚や貝などを作り育(そだ)てる仕事のことです。

ダウンロード(漁業生産量の推移)[Excelファイル/23KB]

2 漁業生産量(ぎょぎょうせいさんりょう)の内訳(うちわけ)

漁業生産量の内訳


資料(しりょう):漁業・養殖業生産統計(ぎょぎょう・ようしょくぎょうせいさんとうけい)
 (農林水産省(のうりんすいさんしょう))

岡山県(おかやまけん)の漁業生産量の内訳を見ると、海面漁業(かいめんぎょぎょう)・海面養殖業(かいめんようしょくぎょう)で全体(ぜんたい)の98.6%となっています。
 
海面漁業の生産量は、3,149トンでした。そのうち多いものは、
  しらす 336 トン、 まだい 265トン

 えび類 219トン、 たこ類 211トン でした。

海面養殖業の生産量は、2万2,893トンでした。そのうち多いものは、
  かき類 1万5,510トン、 のり類 7,330トン でした。

ダウンロード(漁獲量の内訳)[Excelファイル/24KB]

 


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 漁業(きっずぺーじ)