ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 自然(きっずぺーじ)

自然(きっずぺーじ)

 

自然


1 月別平均気温(つきべつへいきんきおん)
 
岡山県(おかやまけん)は広いから、地域(ちいき)によって気温がちがうんだって。本当かな?

2 月別降水量(つきべつこうすいりょう)
 
岡山県には、1年間にどのくらいの量(りょう)の雨や雪が降(ふ)るんだろう?
いつの時期(じき)が一番雨が多いのかな?

3 年別(ねんべつ)平均気温と年別降水量

ここ50年間の気温と雨の量は、どうなっているのかな?

4 土地の利用状況(りようじょうきょう)

岡山県の土地の広さは、どれくらいあるんだろう?
田んぼが多いのかな?家が多いのかな?

 

1 月別平均気温(つきべつへいきんきおん)

岡山県の月別平均気温岡山県の月別平均気温


資料(しりょう):気象庁(きしょうちょう)統計(とうけい)データ

岡山(おかやま)、津山(つやま)、千屋(ちや)のそれぞれの地点で計った月別平均気温のグラフです。グラフの形は似(に)ていますが、どの月も岡山が最(もっと)も高く、千屋が最も低(ひく)くなっています。
 
平成(へいせい)31年(令和(れいわ)元年)の年平均(ねんへいきん)気温は、岡山で16.5℃、津山で14.5℃、千屋で11.8℃でした。

ダウンロード(月別平均気温) [Excelファイル/47KB]

2 月別降水量(つきべつこうすいりょう)

岡山県の月別降水量傘と女の子


資料(しりょう):気象庁(きしょうちょう)統計(とうけい)データ

平成31年(令和元年)は、8月がいつもの年より降水量が多く、5月と11月はいつもの年より雨が特に少なかったです。

また、岡山よりも津山の方が、津山よりも千屋の方がたくさん雨が降っていることも分かります。

 

※平年値(へいねんち)って?
30年間の平均(へいきん)の値(あたい)のことです。上の文のように、いつもの年とくらべるときは、この「平年値」を使います。
平年値は10年ごとに新しく作ります。今つかわれているのは、1981年(昭和(しょうわ)56年)から2010年(平成22年)までの30年間の平均の値です。

ダウンロード(地域別降水量)[Excelファイル/125KB]

3 年別(ねんべつ)平均気温と年別降水量

年別平均気温と年別降水量

資料(しりょう):気象庁(きしょうちょう)統計データ
気象台の場所は、岡山市北区津島中(つしまなか)です。
昭和57年はデータがないため、含まれていません。

平均気温をあらわす折れ線(おれせん)グラフをみると、昭和(しょうわ)36年から昭和56年までは13.5℃から15.5℃の間を動(うご)いていますが、昭和60年から平成(へいせい)30年までは15.0℃から17.5℃の間を動いています。
 
長い期間(きかん)でくらべると、平均気温が上がってきているのが分かります。
降水量をあらわす棒(ぼう)グラフをみると、年によってかなり量が違(ちが)いますが、長い期間でくらべると降水量が減ってきているのが分かります。

 

年別平均気温・年別降水量[Excelファイル/23KB]

 

4 土地の利用状況(りようじょうきょう)

土地の利用状況


(県中山間・地域振興課(けんちゅうさんかん・ちいきしんこうか)資料(しりょう))

岡山県(おかやまけん)の総面積(そうめんせき)は7,114.33平方(へいほう)キロメートルであり、全国(ぜんこく)で17番目の広さです。
 
岡山県の面積(めんせき)の約(やく)68%、4,857.34平方キロメートルは森林となっています。
 
次(つぎ)に広いのは農地(のうち)(田や畑(はたけ)の部分(ぶぶん))で、646.6平方キロメートルです。
 
3番目に広いのは宅地(たくち)(家や工場が立っている部分)で、393.3平方キロメートルです。

※平方キロメートルって?
面積をあらわす単位(たんい)です。

土地の利用状況[Excelファイル/1.03MB]

 


トップページ 組織で探す 総合政策局 統計分析課 自然(きっずぺーじ)