ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)

福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)

展示・体験コーナーの説明

このコーナーでは、スタッフを配置して、福祉用具の展示・体験・相談を行っています。車いすや補聴器など、日常生活をより快適にする障害者・高齢者向けの福祉用具を多数展示しており、身体の状況に応じた用具を見つけるお手伝いをさせていただきます。

展示している用具は見ていただくだけでなく、体験利用することも可能です。用具の販売は行っていませんが、このコーナーを運営している特定非営利活動法人(NPO)あんしんネットのスタッフにご相談いただければ、購入までのアドバイス等をさせていただくことが可能です。

 

福祉用具展示・体験コーナーをご利用の皆さんへ [PDFファイル/92KB]

展示用具の概要(令和4年3月現在)  

展示している用具に関するご相談は、このコーナーを運営しているNPOあんしんネットのスタッフまでお願いします。

  • 障害者向けの用具 約333点
  • 高齢者向けの用具 約472点

NPOあんしんネットに関する情報

NPOあんしんネットは、皆様の快適な生活を応援させていただくよう、様々な分野の会社や専門家が集まった組織です。皆様のご要望、お困りのことをお気軽にご相談ください。皆様のお役に立てる多くの安心サービスを提供し、ご支援をさせていただくよう努力しています。

NPOあんしんネット YouTube(動画で福祉用具を紹介しています。)

NPOあんしんネットホームページ

展示・体験用具の一例(紹介する用具は不定期で変わります。)

新展示品の紹介

【特設コーナー】

・パラマウントベッド クオラONE

3モーター 介護ベッド 昇降、背上げ、脚上げ、連動可
利用者の体格、使用場所に応じてベッドサイズ調節可
リモコンの呼び出しボタンによりスマートフォンで家族とつながります。
全  長    190.7/201.7cm  マットレスサイズ180/191cm
全  幅    92.9/99.9cm  マットレスサイズ83/91cm
床  高    25cm~60cm
重  量    87.5kg
耐荷重    138kg

パラマウントベッド クオラ

 

【新展示品】

・ロボット介護機器 SASUKE  RS1-08Y

SASUKEは、移乗介助のアシストを行うロボット介護機器です。「介護を受ける方も行う方も、やさしさと安心を」をコンセプトに、やさしく抱きかかえる、「お姫様抱っこ」の方法で移乗介護のアシストを行います。自力で立つことのできない方のベッドから車椅子への移乗介助を行うときに、介護を行う方と介護を受ける方、双方の負担を軽減します。

全  長           842mm
全  幅     794~1,274mm
全  高    1,311~1,519mm
重  量            65k
適応荷重           80kg 以下
適応身長         175cm 以下
バッテリー   リチウムイオン電池
モーター    腕上下及び腕回転
充電   家庭用AC100V 2~4時間

ロボット介護機器 サスケ

 

 

義肢・装具コーナー新設

 

・殻構造大腿義足 適応疾患:大腿切断

 切断により膝関節以下を失った場合に使用します。殆どの部品が木材でできており外殻を以って構造的な強度を保持しています。

・骨格構造大腿義足 適応疾患:大腿切断

 切断により膝関節以下を失った場合に使用します。症例ごとに人体の骨に相当する「骨格構造パーツ」を組み替えて用います。

・股関節外転、坐骨免荷装具 適応疾患:ペルテス病(大腿骨頭の無腐性壊死)

 股関節にかかる負担を軽減し大腿骨頭の回復を促す目的で使用します。5歳~7歳の男子に好発し、骨の修復まで数年間、装具を使用する必要があります。

・両側金属支柱式膝装具 適応疾患:膝関節靭帯損傷、膝関節手術後など

 膝関節の動きを屈曲と伸展方向に制限することで靭帯や軟骨に加わる負荷を軽減します。症例ごとに下肢を採型し、金属板を曲げ加工して製作します。

・両側金属支柱式短下肢装具 適応疾患:脳卒中片麻痺、脳性麻痺など

 足関節の動きを屈曲と伸展方向に制限することで麻痺のある症例でも安定した歩行を得られるようになります。症例に応じてプラスチック部分の形状や足継手の種類を変更して用います。

・装飾用義手 適応疾患:上肢切断

 切断により手指を欠損した場合に、主に外観の補完を目的に使用します。価格によって塩化ビニール製とシリコン製のものがあります。

・胸椎装具(金属フレーム式) 適応疾患:胸腰仙椎圧迫骨折、胸椎カリエスなど

 体幹の動きを止めることで脊椎にかかる負担を軽減させる目的で使用します。体幹部の形状に合わせ金属板を曲げ加工して製作します。

義肢装具コーナー

 

【特別展示】

只今『 東京2020オリンピック・パラリンピック 日本代表選手用公式ユニフォーム 』を期間限定で展示しています。

東京2020オリンピック、パラリンピック 日本代表選手用公式ユニフォーム

 

 

障害者向け用具

障害者用車いす

利用される障害者の方の障害の状況に応じて、利用可能なさまざまな車いすを展示しています。また、競技用の車いすも展示していますので、ご覧ください。

 高齢者向け用具

高齢者向け歩行車

Rt.Works(高齢者向け歩行車)

  • 歩行を安全・快適に電動でアシストする。(上り坂でパワーアシスト、下り坂で自動減速など)
  • 操作が簡単ハンドルに手を添えて歩くだけの簡単操作で、各種センサが歩行を安全に導く。
  • ネットワーク機能Gpsとインターネットを利用し、「みまもり機能」や「緊急通知機能」で安心を提供する。

防災グッズ

 防災グッズ  

拡声器やラジオ、懐中電灯など災害時に役立つ防災グッズの展示もしていますので、ご覧いただけます。

その他の情報

1.お知らせ

○福祉用具総合カタログ等の配布について(令和3年7月12日)

 希望者の方に、福祉用具総合カタログやパンフレット等を配布しております。(無料ですが、数に限りがございます。)

[配布カタログ]

  •  介護用品総合カタログ「安寿」
  •  製品カタログ「ロボットアシストウォーカーRT.2」
  •  快適と健康を考える「Cubeads」             など

 

配布場所:福祉用具展示・体験コーナー

問い合わせ:NPOあんしんネット 電話086-221-3038(担当:西田、椋代)

2.来場者数(令和3年10月から令和4年3月まで)

 (1)総数  1,088人

 (2)団体 (1)のうち363人(15団体)

3.来場者アンケートから

  研修や授業の一環で来られた方が、展示品を実際に手に取り、体験された後にいただいたアンケートでの御意見の一部を紹介します。

  • 想像以上にたくさんの用具があり、その中から本人の自立を促す用具の選定が大切であると感じました。学校や病院にもないような用具がたくさんあり驚くとともに貴重な体験となりました。(専門学校生)
  • 私は留学生ですが、まずたくさんの用具に驚きました。いろいろな車いすや自助具、移動機器を見て触って体験することにより、活用方法もよく理解でき大変勉強になりました。(専門学校生)
  • 初めて見るような福祉用具を実際に体験することができ、とても良い経験になりました。一つの福祉用具にも機能別目的に合わせて様々な種類の用具があることを学ぶことができてとてもよかったです。(専門学校生)

 4.来場者からの相談など

 来場された方から、様々なご相談があります。対応する専門相談員が、その方に合ったアドバイスを行っています。

  (例) ・家族が高齢になり歩行困難で困っている。

      ・介護保険の制度がよくわからないので教えてもらいたい。(申請方法、用具の貸与・購入・保険サービス

      全般など) 

      ・高齢の方の一人暮らしでの困りごと など    

  

 展示・体験コーナーへの来場者の方からの相談の一部を御紹介しますので、御参考にしてみてください。

Q:主人が歩行時にふらつくので、安定歩行のできる歩行杖はありませんか。

A:4本足の屋内用多脚杖は広い底面でしっかり支えるのですが、屋外の平らでない路面ではかえって危険です。ゴム先チップの小面積多点杖を試してみてください。それでも安定しなければ、前腕固定のロフストランドクラッチをお勧めします。腕と一緒に杖を保持するのでふらつきは少なくなりますよ。カタログをお渡ししますので販売店に問い合わせてみてください。

Q:要介護1の母親が布団で寝ているが自力で起き上がれません。どうしたらよいですか。

A:早めに介護ベッドを導入して端座位から立ち上がれるようにしましょう。介助バーや据置式の手すりも有効です。床が畳ということでベッド足の下に板などを置いて支えてください。身体機能を維持活用してベッドからの離床、生活場面への移動が大事なので、トイレや居室、浴室等への動線を確保しましょう。寝たきりでなく活動的な生活を送って介護状態の悪化を防ぐことが大切です。

Q:施設で椅子を利用している子供の座位姿勢が崩れ、お尻が痛いと言っています。良い方法はありませんか。

A:まず座面を安定させて、その後にボディサポート用具をフィッティングしてあげてください。特に長時間の座姿勢となると、姿勢の崩れと褥瘡の発生が心配されます。座面の安定と圧力分散の適合をしっかりしてください。エアクッションも有効です。また座面角度、背もたれ角度の調整により大きく改善されます。

                                                                                

関連ページ

福祉用具展示・体験コーナーについて

IT機器展示(障害者ITサポートセンターおかやま)について

交通アクセス

問い合わせ・見学申込み

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター 福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)