ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター IT機器展示(障害者ITサポートセンターおかやま)

IT機器展示(障害者ITサポートセンターおかやま)

展示・体験コーナーの説明

このコーナーでは、障害に対応したIT機器の展示・体験・相談を行っています。展示している機器は、視覚障害者対応パソコン・肢体不自由者対応パソコン・意思伝達装置の3つに分かれており、自分の障害に対応したIT機器を見ることができます。 また、展示している機器は見るだけではなく、実際に触れて、体験することも可能です。

 

福祉用具展示・体験コーナーをご利用の皆さんへ [PDFファイル/92KB]

展示状況の概要(令和4年3月現在)

意思伝達装置
 伝の心・視線入力装置・赤外線学習リモコン・各種スイッチ
 携帯用会話補助装置(トーキングエイドプラス)・各種スイッチ

視覚障害者対応
 読むん台
 DAISY図書再生・録音機
 点字プリンター
 パソコン本体とソフトウエア
 展示ディスプレイ

●上肢障害対応
 パソコン本体
 各種マウス、キーボード

●その他
 タブレット型端末iPad 役立つアプリ                          

展示している機器の詳細及びその他身体に障害のある方向けのIT機器に関するご相談は、このコーナーを運営している公益財団法人 岡山県身体障害者福祉連合会の「障害者ITサポートセンターおかやま」のスタッフまでお願いします。ぜひお気軽にお越しください。

障害者ITサポートセンターおかやまに関する情報

当センターは、パソコン等情報通信機器の利用方法について、電話、メールによる相談、支援機器提案や在宅就労等の様々な相談に応じ、障がい者のIT機器利用の促進を図る、総合的なサービス拠点となることを目的としています。

   障害者サポートセンターおかやま(公益財団法人 岡山県身体障害者福祉連合会)ホームページ

展示・体験用具の一例(紹介する用具は不定期で変わります)

意思伝達装置

・意思伝達装置「伝の心」と視線入力装置

意思伝達装置意思伝達装置

 重度障害者(発声・発語及び身体の自由が著しく制限されている方)がパソコン操作をすることにより、自分以外の人に意思を伝えるための装置です。リモコン操作やメール、インターネット閲覧などもスイッチ一つで行うことができます。これに視線入力装置を組み合わせることにより、視線がマウス操作の代わりをし、パソコン操作がより早く楽に行えるようになります。

 キャリブレーションという簡単な準備を行った後は、画面のクリックしたい場所や書きたい文字のキーをただ見るだけで文字入力やゲームの操作ができますので、ぜひ体験してみてください。

 

・トーキングエイド+

トーキングエイドプラストーキングエイドプラス

 トーキングエイド+は市販のタブレットに専用ソフトを入れることで使用できる携帯型会話補助装置で、発声や筆談での会話が困難な方のためのコミュニケーションツールです。文字入力以外にもシンボルマークでの会話も可能で、シンボルは写真を撮って追加したり、順序を変えたり、音声を録音して登録したりと自由にカスタマイズできます。こちらは、標準でキーガードや携帯用カバー(ベルト付き)などがセットになっています。展示体験コーナーにでは、スイッチを接続して操作できるように設定してあるので、更に簡単な操作で使用できます。実際に触って体験してみてください。 

トーキングエイド+の使い⽅や機能について動画を作成しました。

トーキングエイド+について

 

肢体不自由者対応パソコン

肢体不自由者対応パソコンパソコンとらくらくマウス3

 市販の一般的なマウス、キーボードが使えなくても、それぞれの障害に合わせて様々な機器でパソコンを使用することができます。

 らくらくマウス3ではレバーとボタンでマウスの役割を行います。上肢障害などで通常マウスでのダブルクリックやドラッグといった操作が苦手な方でも楽に使っていただけます。また、win10搭載のパソコンではスクリーンキーボード(画面にキーボードが表示される機能)が搭載されているので、難しいキーボード入力もこのらくらくマウス3でできます。

 

視覚障害者対応パソコン

視覚障害者対応パソコン 

 視覚障害者がパソコンを利用するためのソフトを導入したPCと周辺機器を設置しています。また六点点字の仕組みを詳しく解説したパネルを掲示し、実際に点字入力の体験や、音声ガイドが点字ディスプレイに表示されるものを指で触って点字読み取りの体験もできます。   

その他

・iPad

アイパッドアイパッド

 10.2インチのタブレット端末です。障害者や高齢者を補助、支援する便利な機能やアプリが利用できます。たとえば、音声で画面を読み上げる機能、音声入力や手書き入力で会話をサポートするアプリ、拡大鏡の代わりになるアプリ、印刷物を読み上げたり、周囲の状況を説明するアプリなど、様々なものがあります。

パネルを使った説明の一例(説明内容は不定期で変わります)

  • 六点点字入力表
  • 役立つアプリ紹介やその使い方の配布用チラシ作成

その他のお知らせ

 コロナ禍で実際に展示コーナーへ来ることが難しい方のために、Youtubeに展示機器紹介動画をupしていますのでご覧ください。

展示機器紹介動画
 

関連ページ

福祉用具展示・体験コーナーについて

福祉用具総合展示(NPOあんしんネット)について

交通アクセス

問い合わせ・見学申込み

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 保健福祉部 福祉相談センター IT機器展示(障害者ITサポートセンターおかやま)