ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の流行は終息が宣言されました

コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の流行は終息が宣言されました

コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱流行は終息が宣言されました

 2018年8月以降、中央アフリカ(コンゴ民主共和国)でエボラ出血熱が流行していました(2,000人以上が死亡)が、2020年6月25日、コンゴ民主共和国政府及び世界保健機関(WHO)により、終息が宣言されました。
 

関連リンク

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター コンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の流行は終息が宣言されました