ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 岡山県警 交通部運転免許課 運転経歴証明書の手続について

運転経歴証明書の手続について

運転経歴証明書イメージ
 申請により運転免許を取り消された方(運転免許証を自主返納した方)又は、自主返納の意思はあったが運転免許が失効してしまった方は、取消し、失効前5年間の自動車等の運転に関する経歴について証明する書面として「運転経歴証明書」の交付を受けることができます。

 ※自動車安全運転センターが発行する運転経歴に係る証明書(無事故無違反証明書、運転記録証明書、累積点数等証明書、運転免許経歴証明書)とは異なりますのでご注意ください。

   自動車安全運転センター発行の運転経歴に係る証明書の手続についてはこちら
   自動車安全運転センター問合せ先:086-724-4360

申請資格

〇持っている運転免許の種別を全て自主返納された方で、手続後5年以内の方
又は
〇平成28年4月1日以降に運転免許が失効した方で、失効後5年以内の方
 ただし、免許失効前に免許取消し基準等に該当した方、免許の効力が停止又は停止処分の基準に該当する方等は申請できません。
詳しくは運転免許センターまでお問い合わせください。

申請に必要なもの

1 ご本人と確認できる書類(運転免許証の申請取消しと同時に手続される場合は不要です。)
  次のうちいずれか一つ
 ・ 申請による運転免許の取消通知書
 ・ 年金手帳
 ・ 健康保険の被保険者証
 ・ 個人番号カード
 ・ パスポート
 ※ 個人番号の通知カードは本人確認書類として使用できません。
2 手数料(1,100円)
3 申請用写真(岡山県運転免許センターで本人が申請する場合は不要です。)
   3.0cm×2.4cm 1枚

申請の場所・受付時間等

申請場所等
申請場所

申請可能な日
(祝日、休日、年末年始を除く。)

受付時間経歴書の交付
岡山県運転免許センター

月曜日~金曜日

  8時30分~11時30分
13時00分~15時30分

即日交付

日曜日

14時30分~15時30分

警察署
※矢掛幹部派出所を含む
※県内いずれの警察署でも手続可能 

月曜日~金曜日

  8時30分~12時00分
13時00分~16時30分

後日交付

※ 倉敷運転免許更新センターでは、運転経歴証明書の手続は行っていません。

代理人による運転経歴証明書の申請について

 申請者本人に代わって、代理人の方が申請することができます。

申請に必要なもの

1 申請者本人が確認できる書類(運転免許証の申請取消しと同時に手続される場合は不要です。)
2 手数料(1,100円)
3 申請用写真(3.0cm×2.4cm 1枚)
4 申請者本人が署名、押印した運転経歴証明書に関する委任状
  ・申請取消し手続と同時に経歴証明書を申請する場合
  委任状兼承諾書(様式)(両面印刷してください) [PDFファイル/51KB]
  ・自主返納済みの方の運転経歴証明書を代理申請しようとする場合
  運転経歴証明書(後日申請・免許失効者・再交付)に関する委任状(様式) [PDFファイル/44KB]
5 代理人ご自身の運転免許証等の本人確認書類
6 代理人に法定代理人がいる場合は、法定代理人(未成年者については親権者)の同意書

平成24年3月31日までに、制度が変わる前の運転経歴証明書の交付を受けた方へのお知らせ

 平成24年3月31日以前に運転経歴証明書の交付を受けた方で新しい制度、様式による運転経歴証明書の交付を希望される方は、「再交付」として、交付を受けることができます。
 ただし、次の点にご注意ください。
・ 再交付手数料が必要です。
・ 制度変更前の運転経歴証明書の現物をお持ちであることが必要です。

その他の注意点

1 制度が変わる前の運転経歴証明書の交付を受けた方で、新しい運転経歴証明書の交付を希望されない場合は、住所、氏名の変更があっても、届出をする必要はありません。

2 紛失等により運転経歴証明書の再交付を受けた方で、その紛失等した運転経歴証明書を発見するなどした場合は、岡山県運転免許センター、警察署(矢掛幹部派出所を含む。)に返納してください。

3 再交付申請、記載事項変更届出は、岡山県運転免許センター、警察署(矢掛幹部派出所を含む。)のいずれでもすることができます。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 岡山県警 交通部運転免許課 運転経歴証明書の手続について