ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 メバル

メバル

名前や大きさ

メバル
◆標準和名
アカメバル、クロメバル、シロメバル
◆地方名称
ウキソ
◆大きさ
15から30cm
◆主な漁法
刺網

旬の時期

旬の時期

特徴

  • 目が大きいことからメバル(目張る)と呼ばれるようになったと言われています。
  • ふ化するまでお腹の中で卵を育てるため、産卵は卵ではなく、子供の姿になったものを産みます。
  • 近年の研究で、「メバル」は「アカメバル」「クロメバル」「シロメバル」という独立した3つの種に分類できることがわかりました。
  • 「アカメバル」は体の色が赤っぽく、胸びれを支える小骨の様な「軟条」の数は15本。
  • 「クロメバル」は体が黒または青黒色、軟条は16本。
  • 「シロメバル」は白っぽいものが多く、腹びれが長いなどの特徴があります。
  • 遺伝子の解析でも、それぞれが種のレベルで異なるとの結論です。
  • 身質は身離れが良くて柔らかく、煮物に適しています。
  

おいしい食べ方


トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 メバル