ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ママカリ

印刷用ページを表示する 2009年3月26日更新/水産課

名前や大きさ

ママカリ
◆標準和名
サッパ
◆地方名称
ママカリ
◆大きさ
10~15cm
◆主な漁法
小型定置網

旬の時期

旬の時期

特徴

  • 「ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほどおいしい」ということからママカリと呼ばれるようになったのは有名な話ですが、脂が乗る旬の時期が秋の稲刈りの時期にあたるため、「ママ(稲)を刈る」ことからママカリとなったとも言われています。
  • サッパという名前は「味がサッパりしている」、「笹の葉に似ている」などの説があります。
  • 初夏のママカリは骨や皮も軟らかく、また、秋のママカリは脂が乗っていておいしいです。
  • 酢漬けは、ばら寿司の具材として欠かせない食材の一つです。

おいしい食べ方

焼きママカリ

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、水産課までお願いします。