ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

発達障害のある人への支援

おかやま発達障害者支援センター

◇県では発達障害者支援センターを県内2か所に設置し、発達障害のある人への、ライフステージを通じ一貫した支援を提供するための地域の拠点として、医療・保健・教育・福祉・労働等の各領域の関係機関と連携し、相談支援、発達支援、就労支援及び普及啓発や研修を実施しています。

発達障害に係る市町村相談窓口一覧

◇発達障害のある人が身近な地域で相談支援を受けることができるよう、県では市町村の支援体制の整備を促進しています。

岡山市発達障害者支援センター

◇平成23年11月に岡山市が発達障害者支援センターが開設されました。
◇対象となる方 : 岡山市内にお住まいの発達障害のある方、またその疑いのある方とそのご家族および関係機関
 

ペアレントメンター事業

◇ペアレントメンターとは、「信頼できる相談相手」のことです。発達障害のあるお子さんを育ててこられた保護者の方が、同じように子どもの発達が気になる保護者の悩みを聞いて、寄り添いながら共感したり、経験談をお話ししたりすることで、発達が気になる子の子育てを応援します。
◇お問合せ先
 ペアレントメンターおかやま事務局(おかやま発達障害者支援センター内)
 Tel:086-275-9277/Fax:086-275-9278
※マニュアルは、チラシと合わせてご覧ください。

発達障害情報・支援センター

◇発達障害に関する最新かつ信頼できる情報を収集・分析し、ご本人・ご家族、全国の発達障害者支援機関及び一般国民に対して、広く普及啓発活動を行うことを目的として、平成20年3月に厚生労働省が開設しました。 

医療機関等

  →「疾患・治療から探す」から「発達障害(自閉症・学習障害等)」を選択

特別支援教育に関すること

就労に関すること

◇就労、それに伴う生活に係る相談・支援
◇職業訓練を受けたいとき

岡山県発達障害者支援体制検討委員会

◇教育委員会所管「広域特別支援連携協議会」と合同で開催し、発達障害にかかる早期発見及び早期発達支援の体制のあり方、医療・保健・福祉・教育・労働等の各分野の連携、発達障害の理解促進方法等、支援の充実に向けた協議を行うことにより、支援体制整備の促進を図っています。

発達障害者支援セミナー

◇発達障害に対する理解促進のため、毎年、発達障害のある人への支援に携わる人や発達障害のある人の家族等を対象とした普及啓発セミナーを開催しています。

世界自閉症啓発デー(4月2日)

◇平成19年12月18日の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)と定めることが決議され、世界各地において自閉症の正しい理解について普及啓発の取組が行われています。我が国では、「世界自閉症啓発デー」の4月2日から8日までを「発達障害啓発週間」として、シンポジウムの開催や、発達障害啓発のシンボルカラーである、「癒やし」や「希望」を表すブルーでランドマークを照らすブルーライトアップ等の活動に毎年取り組んでいます。

発達障害のある人のトータルライフ支援機関ガイド

発達障害のある人の各ライフステージにおける最初の相談窓口となる支援機関について、ライフステージごとに掲載するリーフレットを作成しましたので、ご活用ください。

発達障害者支援キーパーソンについて

◇県では、発達障害支援の専門的な研修の修了者あるいは一定の資格を有し、発達障害のある人への支援を行う意欲のある者などを「発達障害者支援キーパーソン」として登録し、多職種連携の支援、個々のスキルアップ機会の提供など、発達障害のある人への支援者の活動をサポートします。
登録制度の詳細については、こちらをご覧ください。

その他

◇指定障害福祉サービス事業所や施設をお探しの場合は、次の「保健福祉施設・病院等一覧」をご覧ください。(保健福祉課のページへジャンプします。)

◇親の会

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

お問い合わせ

お問い合わせ課室

※このページに関するお問い合わせについては、障害福祉課までお願いします。