ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要

岡山県食の安全・食育推進計画の概要

食の安全・安心の確保

重要な視点

 1.重篤な食中毒対策

  生命に危険が及ぶ可能性のある健康被害を引き起こす食中毒に対して、汚染実態の把握、監視指導の徹底を図ります。

  また、重篤な食中毒から、身を守るための正しい知識を、広く県民に普及します。

 2.リスクコミュニケーターによる相互理解の促進

  リスクコミュニケーターが主体となった、多様な形式のリスクコミュニケーションを推進します。

  また、リスクコミュニケーターの活動を側面的に支援、促進するため、育成研修、場の提供などを行います。

施策の大綱

 食の安心のためには、科学的な事実として食品の安全性が確保されていることに加えて、食品の安全性が確保されていることを県民が信頼していることが必要になります。

          安全の確保+信頼の確立→安心の定着

 このため、県では食の安心の定着のために次の二つの基本方針を掲げ、安全で安心な食生活の確保を目指します。

1. 生産から消費に至る一貫した安全の確保

 食品の安全性を確保するためには、生産から消費までの全ての段階において、関係者による一貫した衛生管理が行わなければなりませんが、このことは重篤な食中毒を防止するためには特に重要です。

 食品による健康への悪影響を未然に防止する観点から、生産から消費に至る一連の各段階で科学的知見に基づいた施策を進めるとともに、科学的かつ総合的な施策を進める上での基礎となる調査研究や人材育成など、食品の安全性を確保するための体制基盤の充実を図ります。

 また、健康への悪影響が発生した場合には、関係する者がそれぞれの役割を果たしながら拡大防止、再発防止に取り組みます。

2. 安心の定着に向けた信頼の確立         

 県及び食品関連事業者による積極的な情報提供を促進するとともに、食品関連事業者と県民等との情報・意見交換により相互理解を図り、信頼関係の構築に努めます。これにより県民の不安を解消し、食に対する安心の定着を図ります。

食育の推進

重要な視点

 1.生涯を通じた食育の推進

  ライフステージに応じた食育を推進することが、健康な人づくりにつながります。

 2.関係機関・関係団体等との連携

  食育推進のために活動するボランティア団体、市町村、保健所、農林漁業者、教育関係者等と連携を図ることが重要です。

 3.人材の活用

  管理栄養士、栄養士等の人材を活用し、効果的な食育活動を展開することが必要です。

 4.普及啓発

  県民が正しい食生活を送ることができるよう、「食育ガイド」、「食事バランスガイド」等の活用や食育月間・食育の日の普及啓発が必要です。

 5.市町村食育推進計画の策定

  地域に暮らす誰もが、食育に対する認識を共有し、必要な活動を展開するために、市町村食育推進計画が有効です。

施策の大綱

 食育は、食に関する様々な経験を通じた健康な人づくりであり、知育・徳育及び体育の基礎となるものです。

 食育に取り組むことは、健全な心身を培い、円滑な人間関係を築き、ひいては、「健康な人づくり・地域づくり」につながります。

 家庭を基本として、それを取り巻く地域(「人」と「環境」)を挙げて、 

         食を通じた健康な人づくり・地域づくり

 をスローガンに、次の3つの柱により食育を推進します。

1.人と人をつなぐ

 「共食」を通じ、コミュニケーションを促進し、人と人との絆を強めます。

2.健康な体をつくる

 栄養バランスのとれた食事をとり、規則正しい食生活を維持します。

3.豊かな心を育む

 「いただきます」、「ごちそうさま」の挨拶を通して感謝の気持ちや生命観、倫理観を育みます。

参考


トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要
トップページ 組織で探す 保健福祉部 生活衛生課 岡山県食の安全・食育推進計画の概要