ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 東京事務所 犬養毅の墓(港区青山の墓所)

犬養毅の墓(港区青山の墓所)

犬養毅の墓(港区青山の墓所)

 昭和初期の激動期の総理大臣として、犬養毅が歴史に名を残したのは、い うまでもなく5・15事件で射殺されたからであろう。昭和七年五月十五日、 海軍の若い将校と、陸軍の士官候補生の一団によって、首相官邸で暗殺さ れた。血気にはやる青年将校たちに、「話せばわかる」と言いきった木堂 (ニックネーム)の勇気は、当時の人々に共感をよんだといわれている。
 負けず嫌い、分別くさい理屈屋、勉強家だが口が悪い、先の見通しが早い、 不義を憎む熱血漢、などの評がある。 体は小さく風采はぱっとしないが、勉強家で、十四歳の時に父を失い、家計を救うために“塾”を開いたほどの努力家だった。 慶応義塾に学んだが、学資が続かず中退。西南の役に従軍記者として健筆をふるい名をなしたという。 国会開設以来、貧乏代議士として出馬、政治家のスタートをきった。
 東京青山の墓所は、次男と共に眠っている。そしてまた郷里の岡山にも先 祖代々の墓地に祀られている。
犬養毅の墓(港区青山の墓所)
犬養毅の墓(側面)

トップページ 組織で探す 総合政策局 東京事務所 犬養毅の墓(港区青山の墓所)