ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター パラインフルエンザウイルス・RSウイルスの紹介

パラインフルエンザウイルス・RSウイルスの紹介

パラインフルエンザウイルス ・ RSウイルス

 どちらも呼吸器症状をおこすウイルスです。パラインフルエンザウイルスは、インフルエンザが流行する前後にあたる秋と春に、多く検出されます。また、RSウイルスは、冬季に流行し、乳幼児では肺炎を起こすことも多いので、注意が必要です。


トップページ 組織で探す 環境文化部 感染症情報センター パラインフルエンザウイルス・RSウイルスの紹介