ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 保健医療部 > 動物愛護センター > 第一種動物取扱業及び特定動物の飼養保管に係る手数料の徴収方法について

本文

第一種動物取扱業及び特定動物の飼養保管に係る手数料の徴収方法について

印刷ページ表示 ページ番号:0876000 2023年10月4日更新動物愛護センター

第一種動物取扱業及び特定動物の飼養保管に係る手数料の徴収方法について

岡山県では、各種手数料等に係る収入事務の迅速化や利便性向上のため、条例に基づき、現金に代えて発行する金銭の払込みを証明する証票である収入証紙(以下、県証紙)を昭和 39 年から導入して支払いの手続きに使用していましたが、令和5年9月末日をもって廃止されることとなり、令和5年10月1日から支払方法が変更(現金の他、カード決済やコード決済が可能)になります

 収入証紙廃止にともなう手数料支払方法の変更について [PDFファイル/980KB]

 ※受付担当窓口はこれまでどおり貴事業所を管轄する各保健所衛生課のままです。

  受付担当窓口に隣接して手数料支払のための収納専用窓口(Posレジ※)が設けられます。  

  ご不明な点については受付担当窓口でお尋ねください。

 
申請名 手数料(円) 支払方法
第一種動物取扱業登録申請 15,300 収納専用窓口(Posレジ※)による支払
第一種動物取扱業登録更新申請 15,300 収納専用窓口(Posレジ※)による支払
第一種動物取扱業登録証再交付申請 2,000 収納専用窓口(Posレジ※)による支払
特定動物の飼養・保管許可申請 14,450 収納専用窓口(Posレジ※)による支払
特定動物の飼養・保管変更許可申請 9,500 収納専用窓口(Posレジ※)による支払
特定動物の飼養・保管許可証再交付申請 2,000 収納専用窓口(Posレジ※)による支払

【※Posレジによる支払の流れ】

  (1)申請者は申請窓口(各保健所衛生課)で申請書類を確認してもらう

  (2)申請窓口で手数料金額の告知(○○○円になります)及びバーコードを交付してもらう 

     ※既に申請書にバーコードをはめ込んでいるものもあります(第一種動物取扱業登録申請、登録更新申請 以外)

  (3)申請者はバーコード票をもって収納専用窓口(Posレジ)で支払いを行う

     ※現金の他、カード決済やコード決済(Paypay、楽天ペイ、d払い、au Pay等)も可能になります

  (4)申請者は支払い後、収納窓口で会計レシート及び収納済証を交付してもらう

  (5)申請者は収納済証を申請書類の余白に貼付し、申請窓口に書類一式を提出する

流れ機器

 ※大まかな流れについては上記のとおりですが、 ご不明な点は各保健所窓口でお尋ねください