ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 総合政策局 地方創生推進室 民と連携した空き家対策と利活用の促進
トップページ 組織で探す 総合政策局 地方創生推進室 民と連携した空き家対策と利活用の促進

民と連携した空き家対策と利活用の促進

地域課題解決支援プロジェクトとは

 県では、平成29年度から市町村と連携して、地域が抱える課題について、民間コーディネーターなどを活用しながら、具体的な解決策の検討と事業化モデルの開発を行う「地域課題解決支援プロジェクト」に取り組んでいます。

プロジェクト概要

 増加する空き家の利活用のためには、速やかな掘り起こしやマッチング、売れる空き家への磨き上げ等が必要であるが、行政だけでこれらを行うことは困難である。地域住民や地域おこし協力隊、専門人材などと幅広く連携し、その地域にふさわしい空き家対策と体制の構築を検討する。

プロジェクトの進め方

・解決する地域課題(テーマ)は市町村から募集

・1テーマの事業期間は2年

(1年目)
 県と市町村で検討組織を設置し、民間コーディネーターなどを活用して、解決策の検討と事業化モデルの開発に取り組む
(2年目)
 市町村が主体となり、開発した事業化モデルを具体化

民と連携した空き家対策と利活用の促進

 参加市町村:玉野市、笠岡市、井原市、総社市、高梁市、新見市、赤磐市、矢掛町、鏡野町、美咲町

 コーディネーター:特定非営利活動法人 空き家コンシェルジュ 有江 正太 氏

 これまでの取組状況 [PDFファイル/480KB]

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 総合政策局 地方創生推進室 民と連携した空き家対策と利活用の促進
トップページ 組織で探す 総合政策局 地方創生推進室 民と連携した空き家対策と利活用の促進