ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 土木部 河川課 流域治水プロジェクト

流域治水プロジェクト

流域治水

 気候変動による水害の激甚化・頻発化が予測されていることを踏まえ、河川、下水道等の管理者が主体となって行う治水対策に加え、氾濫域も含めて一つの流域として捉え、その河川流域全体のあらゆる関係者が協働し、流域全体で水害を軽減させる対策「流域治水」への転換を進めています。

「流域治水」の考え方

 災害からの被害を防止・軽減するためには、「氾濫をできるだけ防ぎ、被害対象となる人命・財産を減らし、残る被災対象には備え」をしておくことが重要です。 こうした対策を、流域のあらゆる関係者が連携して備えることが「流域治水」の考え方です。

流域治水プロジェクト

 流域全体で実施すべき対策の全体像を「流域治水プロジェクト」として示し、ハード・ソフト一体の事前防災対策を加速していきます。

一級水系における流域治水プロジェクト

一級水系における流域治水プロジェクトについては、下記サイトをご覧ください。

二級水系における流域治水プロジェクト

全国の流域治水プロジェクト

全国の流域治水プロジェクトについては、下記サイトをご覧ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップページ 組織で探す 土木部 河川課 流域治水プロジェクト