ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 環境文化部 環境管理課 大気環境配慮型SS(e→AS)

大気環境配慮型SS(e→AS)

大気環境配慮型SS(e→AS)認定制度について

大気環境配慮型SSバナー画像
環境省・資源エネルギー庁では燃料蒸発ガスを回収する機能を有する計量機を設置しているSS(ガソリンスタンド)を「大気環境配慮型SS(e→AS)」として認定しています。

給油の際は「e→AS」の積極的な利用にご協力をお願いします!

燃料蒸発ガスとは

自動車へガソリンなどの燃料を給油する際には、燃料蒸発ガスと呼ばれるガソリン特有のにおいを持つガスが発生します。
燃料蒸発ガスには、トルエンやキシレンといった化学物質が含まれており、大気汚染物質である光化学オキシダントや微小粒子状物質(PM2.5)の原因となっています。

大気環境配慮型SS認定制度とは

大気環境保全を図るため、燃料蒸発ガスを回収する機能を有する計量機を設置したガソリンスタンドを、「大気環境配慮型SS(e→AS)」として環境省及び資源エネルギー庁が認定する制度です。
認定されたガソリンスタンドは、国から認定証が交付され、環境に優しいガソリンスタンドとして次のようなロゴマークを使用することができるようになります。
ロゴマーク
認定制度について、詳しく知りたい方は国の認定事務局のホームページをご参照ください。

トップページ 組織で探す 環境文化部 環境管理課 大気環境配慮型SS(e→AS)