ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 密漁の防止について

密漁の防止について

1 漁業法の改正について(令和2年12月1日施行)

 近年、全国的に悪質な密漁が問題となっています。特に、ナマコやアワビは沿岸域に生息し、容易に採捕できることから密漁の対象とされやすく、組織的かつ広域的な密漁が横行しています。
 このような経緯を踏まえ、平成30年の漁業法改正により、罰則が大幅に強化されました。

2 特定水産動植物の採捕の禁止

 法改正により、「ナマコ・アワビ・シラスウナギ(※)」が、「特定水産動植物」に指定され、令和2年12月1日から、漁業権、漁業許可等に基づかずに特定水産動植物を採捕することが禁止されるとともに、これに違反した場合は3年以下の懲役又は3,000万円以下の罰金に処せられることとなり、違法に採捕された特定水産動植物を所持、販売した場合にも同様の罰則が適用されることとなりました。
 遊漁者の方がナマコやアワビを採捕した場合にも、同様の罰則が適用されますので、ご注意ください。

※ シラスウナギ(体長13センチメートル以下のうなぎ)については令和5年12月1日から適用。
 なお、全長20センチメートル以下のうなぎの採捕は、岡山県海面漁業調整規則及び岡山県内水面漁業調整規則により禁止されています。

3 その他

 法改正により、密漁等の法令違反行為に対する罰則が強化されています。
 詳しくは水産庁のホームページをご覧ください。


トップページ 組織で探す 農林水産部 水産課 密漁の防止について