ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 岡山県サイト

東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 岡山県サイト

パラリンピック聖火リレーについて

 東京2020パラリンピック聖火リレーは、オリンピックの熱気と興奮を繋ぐべく、オリンピック終了後、パラリンピック開会式までの移行期間に開催されます。
 パラリンピック聖火リレーは、次の3つの要素で構成され、岡山県では、1の聖火フェスティバルが開催されます。
1 聖火フェスティバル
  各道府県それぞれの共生社会への思いが込められた火を独自の手法にて採火・集火し、東京へ送り出す。
2 都内集火式
  All Japan(各都道府県)の思いがこもった火が、パラリンピック開催都市である東京に象徴的に集まってくるセレモニーを実施
3 聖火リレー
  東京都内の各所で聖火リレーを実施。各都道府県の思いをパラリンピック開会式へ繋ぐ。

※競技会場のある静岡県、千葉県、埼玉県、東京都では、2の都内集火式の前にそれぞれで採火した火を用いて聖火リレーを行い、東京に向けて出立(東京都を除く)。

岡山県の聖火フェスティバル

概要

 岡山県の聖火フェスティバルは、県内全27市町村の参加のもとで行います。令和2年8月13日(木曜日)から8月17日(月曜日)までの5日間、27市町村においてパラリンピック聖火を採火し、岡山県総合グラウンド陸上競技場において、各市町村の火を1つに集火して「岡山県の火」とし、東京へ向けて出立します。

採火(式)

 令和2年8月13日(木曜日)から8月17日(月曜日)にかけて、県内全27市町村がそれぞれ地域の特色等を生かした採火を行います。
県内採火(式)一覧
日付市区町村会場採火方法など
2020年8月13日岡山市岡山城天守閣前広場毎年岡山城で開催している『夏の烏城灯源郷』に合わせ、岡山城天守閣前広場にて、市内の専門学生がパラリンピックをテーマに作成したキャンドルアートから採火します。
8月13日玉野市渋川海岸渋川海岸砂浜において、太陽光を利用し採火します。
8月13日高梁市高梁市立高梁小学校高梁市内障害福祉関係団体及び障害福祉事業所関係者(利用者)により、火おこし器を使って採火します。
8月13日備前市福祉窯社会福祉法人ひだすきが窯焚きをしている備前焼の登り窯から、聖火フェスティバルの採火を行う。窯焚き期間(約1週間)の最終日を採火日とし、登り窯の覗き窓から点火棒により採火します。
8月13日瀬戸内市備前おさふね刀剣の里 備前長船鍛刀場日本刀の古式鍛錬の工程で採火します。
8月13日美作市ベルピール自然公園火打ち石、木の棒でこする等で小型のキャンプファイヤー(50センチ程度)に点火。20分程度してから、採火します。
8月13日浅口市岡山天文博物館天体望遠鏡を利用して着火し採火します。
8月13日新庄村新庄村役場山開きの際に行う、護摩法要の火から種火を取ります(令和2年6月上旬)。8月13日に種火から復元し採火します。
8月13日西粟倉村いきいきふれあいセンター西粟倉村の小学生を対象に自然と親しむ活動を繰り広げている探検クラブが小型のキャンプファイヤーを組み立て着火する。その後キャンプファイヤーの火から種火を取る。8月13日に種火から復元し、採火します。
8月14日津山市津山陸上競技場 多目的広場市民から募った「東京2020パラリンピックに関するメッセージ」と身体障害、知的障害又は精神障害のある方及びその家族が所属する団体が作った「カッパ、桜等をモチーフにした折り紙」を貼り合わせた作品を焚き火台の横に置き、その作品の思いを受けた火として採火します。
8月14日井原市美星天文台口径50センチの望遠鏡を使って太陽光から採火します。
8月14日赤磐市備前国分寺跡落ち葉や松ぼっくり等を集め、火打石等で採火します。
8月14日里庄町四つ葉の家(就労継続支援B型事業所)(調整中)
8月14日矢掛町矢掛町総合運動公園町内の障害者団体、障害福祉サービス事業所等それぞれが持ち寄った火から採火を行います。
8月14日勝央町勝央町役場本庁舎前小型キャンプファイヤーを組み立て採火を行います。
8月14日久米南町久米南町民運動公園(グラウンド)県立誕生寺支援学校の授業の一環として、7月14日に校庭にて、町身体障害者福祉協議会会員とともに、複数の方法での火おこしを行い、種火として保管します。8月14日に種火から復元しキャンドルで「2020」などの形を作り採火します。
8月14日美咲町二上山 蓮華院 両山寺松明を用いて採火します。
8月14日吉備中央町吉備中央町役場8月上旬、吉備の里たんぽぽ(生活介護事業所)のイベントの一環で画用紙などにパラリンピックにちなんだ絵を描いてもらい、それを背景に利用者の1名がろうそく等の発火物から種火を取ります。8月14日に種火から復元し、採火します。
8月15日早島町早島町南グランド夏祭りに合わせて、懐中電灯の反射板を利用して太陽光から火をおこし、その火を薪に移してから採火します。
8月16日新見市ほほえみ広場にいみまいぎり式火おこし器により採火します。
8月16日真庭市落合総合公園 屋外ゲートボール場バイオマスに関連した火をあらかじめ採火場所に持ってきておく。当日、市のマスコットキャラクター「まにぞう」が登場し、選出された児童とともに用意しておいた小型の火をつけられるものに着火し、児童5人により採火します。
8月16日和気町観音山町内で行われる『和文字焼き』の火から採火します。
8月16日鏡野町鏡野町中央公民館7月26日(予定)にある鏡野町社会福祉協議会主催の鏡野町ボランティアNPO福祉フェスティバルにて、太陽光又は、火起こし機により火を起こし、種火を取ります。8月16日にセレモニーを実施し、採火します。
8月16日奈義町奈義町総合運動公園まいぎり、火打ち石、太陽光など現代の道具に頼らない方法によって採火します。
8月17日倉敷市(調整中)金属製の火打石(メタルマッチ)を使用し採火します。
(調整中)笠岡市(調整中)(調整中)
(調整中)総社市(調整中)(調整中)

※今後、変更の可能性があります。

集火・出立式

 各市町村で「採火」した火を持ち寄り、“岡山県の火”として一つにまとめ(「集火」)、東京へ送り出します(「出立」)。

日程
 令和2年8月17日(月曜日)

場所
 岡山県総合グラウンド陸上競技場 ※ 雨天(小雨)決行

内容 (案)
 開会
 集火  「27市町村の火を一つに(“岡山県の火”)」
 出立式 「出立宣言 ~“岡山県の火”を東京へ~」
 閉会

・上記の式典に併せ、会場を盛り上げるイベント(*)の実施も予定しています。
  *イベントの例:岡山ゆかりのパラアスリートによるトークセッション など
・式典やイベントの出演者について、今後検討を進めていく予定です。

※集火・出立式の内容は、今後変更する可能性があります。

トップページ 組織で探す 保健福祉部 障害福祉課 東京2020パラリンピック聖火フェスティバル 岡山県サイト